一分でわかる製薬「時事英語」・2017年2月27日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • data room:データルーム(M&Aの関連資料を集めた部屋)
  • due diligence:デューデリジェンス
  • catecholamine-resistant hypotension:カテコラミン抵抗性低血圧症

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

これまで3社からの買収提案を受けてきたスタダ・アルツナイミッテル社は、今後競争入札方式を採用すると発表しました。
同社はデューデリジェンスを行うためのデータルームをすでに設けたことを明らかにし、すべての当事者に対し関連資料を公平に開示していくと述べました。

仏サノフィ社とスイスのロンザ社は哺乳類の細胞を大規模に培養する施設を構え、モノクローナル抗体を含むバイオ医薬品の研究開発を行うための施設を設立すると発表しました。
両社はその場所をスイス南部のロザン社の拠点に決め、まずは約2億9,000万スイスフランを折半出資することを明らかにしました。

La Jolla Pharmaceutical社はカテコラミン抵抗性低血圧症(CRH)治療薬LJPC-501の第3相試験において主要目標を達成したと発表しました。
同社によると、本試験ではLJPC-501を投与した患者の70%が血圧反応を示した一方、プラセボ投与の患者の血圧反応率は23%に留まったということです。

ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社とExelixis社は免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」と受容体チロシンキナーゼ阻害剤CABOMETYXの併用療法を様々な固形悪性腫瘍において共同で評価すると発表しました。
Exelixis社はまた、CABOMETYXとロシュ社の免疫チェックポイント阻害剤atezolizumabの併用療法の試験も共同で行うことを発表しています。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

[vcex_button url=”https://www.youtube.com/channel/UC8F72N36Q_V9fNjY6iL0fqg” align=”center” size=”large” color=”blue” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]Youtubeチャンネルで読む[/vcex_button]
[vcex_button url=”http://pharma.insights4.jp/membership-join/membership-registration-2″ align=”center” size=”large” color=”green” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]一分でわかる製薬ニュース[/vcex_button]

関連記事

  1. X染色体のKdm6a遺伝子はアルツハイマー病を食い止める働きがあるらしい

  2. 肥満に伴う皮膚感染をTGFβ阻害剤やPPARγ活性化剤ロシグリタゾンで防ぎうる

  3. 【アナリスト解説】BMS社と米メルク社の両CEO、治療標準を根底から覆すような画期的な療法には、見合った見返りが必要であることで意見が一致:Forbesヘルスケアサミット

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13