製薬業界の最新ニュースと解説

グローバル・ブラッド・セラピューティクス社、鎌状赤血球症第1/2相試験でポジティブなデータ

グローバル・ブラッド・セラピューティクス社は経口薬GBT440の鎌状赤血球症に対する 第1/2相試験でポジティブなデータを得たことを発表しました。
同社CEOのTed Love氏は「このデータは、GBT440が酸素親和性を強化することにより、鎌状ヘモグロビンの重合を阻害するという作用機序を持っているということを示唆している」と述べています。