一分でわかる製薬「時事英語」・2017年2月21日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • bunionectomy:母趾切断
  • abdominoplasty:腹部形成手術
  • relapsed or refractory:再発または難治性

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社は新たに3人の独立社外取締役を任命したと発表しました。
ブリストル社はこの件について、昨年同社株を取得し株主となったJanaパートナーズ社からの要求を聞き入れた形であるとしています。

サレプタ社は昨年FDAより獲得した希少小児疾患に対する「優先審査バウチャー」をギリアド社に1億2,500万ドルで売却したことを明らかにしました。
サレプタ社によると、これにより得た資金はエクソン・スキップ療法や標的遺伝子RNAに対する次世代アンチセンス法の開発に使うということです。

Amphastar Pharmaceuticals社はオピオイド過剰投与時に緊急措置として使用するナロキソンのスプレー式点鼻薬の承認申請がFDAに却下されたと発表しました。
FDAは却下の理由として、ユーザーが安全かつ効果的に機器を操作することを保証できる試験が不十分であるためとしています。

Trevena社は母趾切断および腹部形成手術後の中等度から重度の急性疼痛に対する治療薬oliceridineの2つの第3相試験において、主要評価項目を達成したと発表しました。
同社は今年Q4に予定しているFDAへの承認申請に向け着々と準備が整っているとコメントしています。

ファイザー社は抗体薬物複合体「イノツズマブ オゾガマイシン」が、再発または難治性の急性リンパ性白血病治療薬としてFDAより優先審査品目に指定されたと発表しました。
FDAは本件の審査終了目標を今年8月に設定しました。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

[vcex_button url=”https://www.youtube.com/channel/UC8F72N36Q_V9fNjY6iL0fqg” align=”center” size=”large” color=”blue” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]Youtubeチャンネルで読む[/vcex_button]
[vcex_button url=”http://pharma.insights4.jp/membership-join/membership-registration-2″ align=”center” size=”large” color=”green” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]一分でわかる製薬ニュース[/vcex_button]

関連記事

  1. 米国医師会 DTC広告に希望小売価格を表示するよう製薬会社に要請

  2. 【解説】CSLの遺伝性血管性浮腫の予防対象の新承認薬Haegardaは競合がひしめく中でどう活用されるのか?

  3. メトホルミンが2型糖尿病女性における乳がんリスクに影響をおよぼす可能性

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13