オピニオンリーダーから効率よく情報を得るには?

いつもインサイト4をご利用いただきありがとうございます!

私は、情報ギャップを埋めたい!ということで起業、製薬業界で情報関連のサービスをしております。
インサイト4のコンテンツ、そしてメルマガもその中のサービスですが、お役に立てておりますでしょうか?

さて、私の本業というか、メインのビジネスは海外情報ベンダーの「代理店業務」と自社で実施する「市場調査」です。
この業務の中で常にお問合せが多いのが「オピニオンリーダーへの調査」です。

  • 早いステージで化合物の特長を専門家にぶつけたい!
  • どうしよう。全く知らない領域での導入案件!
  • 最新の臨床結果発表。専門家はどうみる?

実は、多くの場合、調べたいけれども「時間切れ」や「予算が合わない」など頓挫してしまうことがあります。
市場調査やインタビュー、定性調査はなぜ必要とされているのでしょうか?単純に「ここでしかない情報、データ」があるからです。

一方で、どれだけ優秀なアナリストであっても、経験豊かな会社役員の方々でも、裏付けとなる情報が無ければ単なる「意見」でしかありません。
その元データとなる意見を述べることができる対象が文字通り「オピニオンリーダー」と言えます。
まさにオピニオンリーダーの意見は重要であり貴重です。
では、みなさんはどのように活用されておりますでしょうか?

15年以上のリサーチ会社の経験から、オピニオンリーダーからしっかりとした情報をとる方法をお知らせ出来ればと思います。

より使いやすい「KOLパネル:調査パッケージ」開始いたしました!

  • わかりやすい2つのオプション
    •  5名  180万円
    • 10名 250万円
  • プロセスを簡略化してパッケージ化
  • 国内はもちろん、海外も調査が可能。
  • 15年以上の市場調査の経験のコンサルタントが対応

ずばり今回は「効率」よく情報をとるには?
つまり、安く、早く!ということです。

まず、自社で社員が調査をした場合の時間はどうでしょうか?

  1. まず目的を明確にします
  2. 医師の選択基準を設定
  3. 質問状の作成
  4. リクルート
  5. 現地でのインタビュー
  6. 書き起こし
  7. レポート化
  8. 謝礼などの経費精算

など一連の作業をすべて自社で実施した場合、おそらく簡単に1,2ヶ月はかかってしまいます。海外調査だと出張費も。
「効率」を考えた場合、「アウトソース」することが言えます。
でも、コンサル会社や大手調査会社はとても高いのでは?

いえ、頼み方にコツがあるんです。

私もそうですが、調査をするコンサルタントのフィーはどのように決められているかわかりますか?
とても単純にすると

「時間」です。

優秀なコンサルは、高いフィー、ジュニアなコンサルは安いですが、経験と知識が少ない場合が多いです。
オピニオンリーダーへの調査で大切なのが「意見」を述べる適切な先生から「情報」を引き出すことです。
自社の社員や優秀なアナリストの意見ではなく、あくまでもしっかりとした一次情報を取ってくることです。

では、「アウトソース」する場合、どうすると「効率」よく頼むことができるでしょうか?

その方法は、「質問状の作成」にあります。

作業の中で最も大切なプロセスの1つが「質問状の作成」です。
コンサル会社はこの質問状を自分たちで作りたいと考えます。
もちろん専門性も高いですが、いわゆるこれにかかる日数が「コンサルフィー」として計算されるからです。

一方自社で質問状を作って自社で調査をする場合。
質問状を作る方はリサーチの経験はあるでしょうか?
インタビュー、座談会などを実施したことありますでしょうか?
外部に頼みたくなりますね。。。

早く、安く(効率よく)調査をする場合、どこかを工夫しなければなりません。質問上の作成プロセスを短縮化することが大切です。
ずばり、「自社で質問状は作るのでコンサル会社でレビュー」をしてくださいという形でお願いすると効率化を図ることができます。

是非、次回ご要望があった際には、この方法を使ってみて下さい。
ただし、この方法だとコンサル会社の儲けが減るので、場合によっては受けないコンサル会社もありますことご了承下さい。。。

最後に、インサイト4でもオピニオンリーダーへの調査サービスを提供しています。
今回はこのサービスをパッケージ化しました!

是非、ご利用下さい!

インサイト4編集責任者
SDMJコンサルティング代表
前田静吾

オピニオンリーダーへの調査、わかりやすく、使いやすく!

より使いやすい「KOLパネル:調査パッケージ」開始いたしました!

  • わかりやすい2つのオプション
    •  5名  180万円
    • 10名 250万円
  • プロセスを簡略化してパッケージ化
  • 国内はもちろん、海外も調査が可能。
  • 15年以上の市場調査の経験のコンサルタントが対応
  • 定量調査も可能

関連記事

  1. ヤンセンファーマ、CAR-T免疫療法JNJ-68284528の再発性/難治性多発性骨髄腫対象でフェーズ1b/2試験の開始を発表

  2. 血漿分画製剤市場、今後5年間年平均6.7%の成長で395億米ドルに拡大。各種治療分野での免疫グロブリンの使用の増加や血漿採取の増加が後押しに

  3. Youtubeとアナリストの生英語で製薬業界の時事英語を学習。しかも世界の製薬ニュース入手で一石二鳥の効果!?

  4. 「Complement factor Dをターゲットとしたモノクローナル抗体フラグメント」に関してKOLへインタビューを実施します。

  5. 【今日のひとこと】スキーで日銀の金融政策を考えてみた。。。

  6. 気になるCOVID-19ワクチンの臨床試験情報

メルマガ無料配信中




  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. どの新型コロナウイルス変異株も阻止するAbCellera社の抗体の試験を…

    2021.05.06

  3. 変異株B.1.351感染蔓延の南アでのNovavax社COVID-19蛋白質ワクチン…

    2021.05.06

  4. Aldeyra社の活性アルデヒド種阻害点眼剤のアレルギー性結膜炎Ph3試…

    2021.05.05

  5. アルポート症候群腎疾患を治療するReata社のNrf2活性化剤の承認申請…

    2021.05.05

  6. コレステロール似の物質コレステノンがピロリ菌の増殖を阻害すると…

    2021.05.05

  7. VerilyのデジタルツールでLivaNova社の大うつ病神経刺激治療を評価…

    2021.05.05

  8. COVID-19 mRNAワクチンの顔麻痺は他ワクチンより生じ易くはなさそう

    2021.05.05

  9. 武田薬品の非小細胞肺癌治療薬mobocertinibの承認申請を米国FDAが優…

    2021.05.05

  10. RocheのTecentriqの難ありの乳癌用途の承認維持をFDA招集専門家が支持

    2021.05.05

  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. 「データ活用の有無がチームの営業力を左右する」顧客の解像度を高…

    2021.04.28

  3. ボイジャー社株価が18%上昇。ハンチントン病の遺伝子治療薬VY-HTT0…

    2021.04.27

  4. AACR発表:肝細胞癌患者における抗PD-1抗体セミプリマブによるネオ…

    2021.04.26

  5. ヤンセン社、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS…

    2021.04.26