抗うつ剤のほとんどが10代の若者や子供には効果がないという研究結果が報告

抗うつ剤のほとんどが10代の若者や子供には効果がないという研究結果が報告されました。
プラセボとの比較では、より抗うつ作用が認められたのはフルオキセチンのみであったということ結果が出ています。

関連記事

  1. 台湾のTaiGen社が抗インフルエンザ薬の治験開始を米国FDAに申請

  2. BCGワクチンのCOVID-19仮説の流布がもたらす楽観は有害

  3. 若年がん患者は生殖細胞に遺伝子変異を有する可能性

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.14

  2. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  3. ミトコンドリアの2つの裂け方が判明

    2021.05.13

  4. 日本のTMS社のカビ由来脳卒中薬TMS-007をBiogenが手に入れる

    2021.05.13

  5. 使用者が医療従事者の助けなしで全部自分でこなせる補聴器をBoseが…

    2021.05.13

  6. Sanofiのエストロゲン受容体分解剤amcenestrantの乳癌Ph2結果が間も…

    2021.05.13

  7. Cellectis社のCAR-T治療の一翼を担う抗CD52抗体の供給にSanofiが協…

    2021.05.13

  8. Exelixis社のCabometyxの甲状腺癌用途販売担当を可能にする提携をIp…

    2021.05.13

  9. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.13

  10. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13

  1. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.14

  2. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  3. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13

  4. コストを抑え、新薬の上市を成功させる。導出せずに米国市場に参入…

    2021.05.12

  5. オーチャード社の遺伝子治療薬OTL-101、希少な免疫不全症の子供たち…

    2021.05.12