製薬業界の最新ニュースと解説

抗うつ剤のほとんどが10代の若者や子供には効果がないという研究結果が報告

抗うつ剤のほとんどが10代の若者や子供には効果がないという研究結果が報告されました。
プラセボとの比較では、より抗うつ作用が認められたのはフルオキセチンのみであったということ結果が出ています。