理化学研究所、生体防御に不可欠なNKT細胞の新しい分化経路を発見

1月31日、理化学研究所統合生命医科学研究センター免疫制御戦略研究グループが「生体防御に不可欠なナチュラルキラーT 細胞(NKT細胞)」の新しい分化経路を発見したと発表いたしました。本研究グループは、ダシツォードル・ニャムバヤル研究員、谷口克グループディレクターらの研究チームです。理化学研究所は、この発見が今後、さまざまな免疫細胞の機能獲得の機序の解明や、効果の高いNKT細胞を標的にしたがん免疫治療の開発につながると期待できると見解を述べております。

NKT細胞はT細胞、B細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)に続く第4のリンパ球と呼ばれており、他の免疫細胞を活性化することにより、長期にわたり抗腫瘍効果を発揮する「長期免疫記憶」を誘導する中心的な働きをします。免疫制御、がん免疫、病原体感染防御など、 “種の生存”に不可欠な生体防御の機能を担っています。そのため、がんや病原体感染に対する免疫治療における標的細胞の一つとして注目されています。

一方で、NKT細胞がT細胞と同じ細胞系列なのか、どのように生体防御機能を獲得するのかなど、不明な点が多く残されています。今回、研究チームはNKT細胞の分化経路がT細胞の分化経路とどのように異なるのか、マウスを用いて詳細に調べ、その結果、T細胞とは分化の最終段階で分岐して成熟するNKT細胞とは別に、T細胞が分化・成熟する前の未分化段階において、早期に成熟し、主に肝臓に分布するNKT細胞があることを発見しました。また、このNKT細胞の特徴を解析したところ、がんの排除や病原体感染防御に必須のサイトカインや抗原を殺傷する細胞傷害活性に重要なタンパク質が多く発現しており、「生体防御に不可欠なNKT細胞」であることを確認しました。

このプレスリリースの内容は理化学研究所が作成した「60秒でわかるプレスリリース」でもさらに分かりやすく解説しております。

出典:理化学研究所プレスリリース

関連記事

  1. 伊客船、チャーター機で帰国調整

  2. 新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(3月6日UPDATE)

  3. 4D社のファブリー病遺伝子治療のPh1/2試験の投与開始

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13