世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年1月30日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • unveiled:ベールを脱いだ、公表した、発表した
  • anemia:貧血
  • treatment of symptoms typical of influenza:通常のインフルエンザに対する治療薬

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

デンマークのノボノルディスク社は、英オックスフォード大学との糖尿病の共同研究を通じ、英国に今後10年間で総額1億1,500万ポンド(約163億円)を投じると発表しました。
英国のEUからの離脱決定で医薬品のR&D投資が停滞する懸念があったもものの、ノボ社は同大学の専門性を評価した形で、今後現地で最大100人の採用計画もあるということです。

アストラゼネカ社とFibroGen社は貧血治療薬roxadustatの2つの第3相試験において主要評価項目を達成したと発表しました。
FibroGen社CEOのNeff氏はこの結果を受け、roxadustatは注射による投与の必要のない、初の経口治療薬となる可能性があると述べました。

BioCryst社は成人の通常のインフルエンザに対する治療薬「ペラビミル」の承認申請が欧州医薬品庁(EMA)より受理されたことを明らかにしました。
点滴静注用ノイラミニダーゼ阻害剤である「ペラビミル」は、承認取得後はSeqirus社がAlpivabとして販売することになっています。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up