イーライリリー社 Adocia社との契約終了、超速攻型インスリン製剤開発で

イーライリリー社は仏Adocia社との間で2014年に締結した超速攻型インスリン製剤BioChaperone Lisproの共同開発契約について、同契約を終了するとAdocia社に通告したことを明らかにしました。
Adocia社CEOは「イーライリリー社のこの決断に驚いており、また落胆している」とし、第3相試験の開始準備はやめず、新しいパートナー探しも行う意向であると述べました。

firstwordplus

関連記事

  1. Abbottの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検査製品も米国FDAが承認

  2. 米スタバ、欧州などで持参カップ受け入れ中止 新型ウイルス対策で

  3. エーザイ 「データ」核に新ビジネス―認知症の予測・予防を事業化へ|AnswersNews

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13