理化学研究所、新しいカルボキシル化酵素の発見と発表

1月17日、理化学研究所(理研)が、天然有機化合物の構造多様性を作り出す新しい生合成経路を発見したと発表いたしました。

微生物が生産する天然有機化合物は複雑な構造を持っています。それらの中から多くの抗菌薬、抗がん剤、抗寄生虫薬、免疫抑制剤などが発見されています。

これまでにアルキルマロニルCoAは還元・カルボキシル化酵素(CCR)によって生合成されることが知られています。しかし、ある放線菌が生産するスタンボマイシン類はアルキルマロニルCoAをその骨格形成に用いているにも関わらず、その生合成遺伝子群の中にCCRに相同性を示す遺伝子が存在しません。

同研究所の国際共同研究グループは新しい生合成酵素の存在を予想し、その解明を試みました。ポリケチド化合物のスタンボマイシンおよびリベロマイシンの生合成機構を解析することによって、CCR反応を経由しないアルキルマロニルCoAの生合成経路を探索しました。

その結果、反応中間体のアシルCoAをカルボキシル化する「酵素SamR0483」が関与する新しい生合成経路を発見、また、生合成工学手法により、アルキンやアジド基といった細胞内での薬剤の追跡や標的タンパク質同定に役立つ“タグ”を持つ新しいスタンボマイシン類の創製に成功しました。

今後、本研究で見いだした生合成システムは化合物の構造多様化に寄与するだけでなく、天然有機化合物の作用機序解明に役立つ上述のタグを導入するツールとしての活用が期待されます。
本研究成果は、国際科学雑誌『Nature Communications』に(12月21日付け:日本時間12月22日)に掲載されております。

出典:理化学研究所プレスリリース

関連記事

  1. Mirati社のKRAS阻害剤adagrasib試験はそこそこ順調~後続の治験開始申請は来年

  2. Galapagos社のCRO事業Fideltaをポーランドの同業会社Selvitaが買い取る

  3. 先を見据えるGBTがSyros社の技術を頼りに胎児ヘモグロビン誘導薬に取り組む|BioToday

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. アルツハイマー病に無効のvTv社の抗RAGE薬がCantex社で第二の人生を…

    2021.06.24

  2. SanofiとTranslate BioのインフルエンザmRNAワクチンの第1相試験開始

    2021.06.24

  3. COVID-19入院患者へのTheravance社の吸入JAK阻害剤のPh2失敗

    2021.06.24

  4. スタチン使用と認知症や軽度認知機能障害の発現は関連せず~ASPREE…

    2021.06.24

  5. GSKのより長く効く皮下注射HIV薬の開発にHalozymeの技術が使われる

    2021.06.24

  6. uniQureが側頭葉てんかん遺伝子治療を開発するフランスのCorlieve社…

    2021.06.24

  7. COVID-19の末梢炎症は脈絡叢細胞を伝って脳に及びうる

    2021.06.24

  8. キューバの3回投与ワクチンAbdalaが大詰めの臨床試験でCOVID-19の92…

    2021.06.24

  9. 神経損傷マーカーNFLの血清濃度が高いCOVID-19患者の予後は不良

    2021.06.24

  10. 去年末の英国の新型コロナウイルス感染率は集団免疫には程遠いせい…

    2021.06.24

  1. Avenue Therapeutics社のIV型トラマドール静注、FDAからまたもや否…

    2021.06.15

  2. バーテックス社、α1アンチトリプシン欠損症におけるVX-864の開発を…

    2021.06.11

  3. 抗アミロイドβ抗体ADUHELM承認の余波。門戸が大きく広がるのか?

    2021.06.10

  4. FDA、アルツハイマー治療薬 としてAduhelm(アデュカヌマブ)を迅速…

    2021.06.08

  5. ASCO2021;バーチャル年次総会開幕。注目のプレゼンテーション5つを…

    2021.06.08