世界の製薬業界の最新ニュースと解説

C型肝炎薬「ハーボニー」の偽造品が奈良県で発見。ギリアド社、 厚労省が緊急の注意喚起

Harvoni 300×200

ギリアド・サイエンシズ社は1月17日、奈良県内の特定の薬局チェーンにおいてC型肝炎治療薬ハーボニー配合錠の偽造品が発見されたと発表しました。

ハーボニー配合錠は同社から2015年9月に販売が始まり、1錠約5万5千円の高額薬で、C型肝炎の治療薬としては効果が高いとされています。16年12月までに7万6千人の患者が利用している。

同社は、厚労省で記者会見し「患者や薬剤師、医師らへの注意喚起を徹底する」とし、今後、刑事告発などを検討すると明らかにした。同社はフリーダイヤルの偽造品専用ホットライン(0120・631・042)で患者からの相談を受け付けています。

出典:ギリアド・サイエンシズ社プレスリリース