世界の製薬業界の最新ニュースと解説

塩野義製薬社 抗菌薬のピボタル試験成功でFDA承認申請準備へ

塩野義製薬社は新規注射用シデロフォアセファロスポリン抗菌薬cefiderocolの複雑性尿路感染症における二重盲検比較試験において良好な結果を得たと発表しました。

APEKs-cUTI試験は、腸内細菌科のみならず緑膿菌を始めとする非ブドウ糖発酵陰性桿菌を含むグラム陰性菌による複雑性尿路感染症患者を対象に、カルバペネム系抗菌薬イミペネム/シラスタチン(IPM/CS)と比較した国際共同試験で、cefiderocolの有効性および安全性を確認することが出来ました。試験の詳細な結果は今後学会等で発表予定とのことです。

同社はこの結果を受け、今年度上半期中のFDA承認申請を目指すと発表しました。

firstwordplus