シャイアー社 米国虚偽請求取締法違反で罰金3億5,000万ドルに合意

米司法省はシャイアー社が虚偽請求取締法違反を認め3億5,000万ドルの罰金を支払うことに合意したと発表しました。
シャイアー社は医師らに不当なリベートを支払い、糖尿病性足部潰瘍患者に対する培養皮膚「ダーマグラフト」の処方を促し、政府系の医療保険に数億ドルの虚偽請求を行なっていたということです。

firstwordplus

関連記事

  1. J&J社 Q4決算発表、新製品の売上好調で処方せん薬売上高2.1%増の82億ドル

  2. 子宮内膜癌を治療するGSK社の抗PD-1抗体Jemperliを米国FDAが承認

  3. ナチュラルキラー細胞受容体NKG2C欠損やHLA-E変異と重度COVID-19が関連

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13