世界の製薬業界の最新ニュースと解説

武田薬品のアリアド社買収、そして第一三共の米Kite社とのライセンス契約:年初から賑やかな「がん領域」

800px CAR Engineered T Cell Adoptive Transfer

武田薬品のアリアド社買収、そして第一三共の米Kite社とのライセンス契約:年初からのがん領域でのアライアンスニュース
先日武田薬品の6200億円でのアリアド社の買収のニュースが飛び込んできたと思ったら、翌日には第一三共社のKite社とのライセンス契約のニュース。
いずれもがん領域での治療薬と両社の領域戦略がカギとなっています。

昨年はがん領域、日本では、がん免疫療法の先頭を走るオプジーボの薬価が一般ニュースでも話題となりましたが、今年の話題の中心はどの医薬品、企業になるでしょうか?
今年も、がん治療領域の開発と市場情報には目が離せないようです。

さて、この度の第一三共社の提携先となったKite 社のCAR-T細胞免疫療法であるKTE-C19、先日の「今年話題の医薬品17品目」の中でもピックアップいたしておりますが間違いなく今年の話題の医薬品になりそうです。

私自身の学習も含めてこのCAR-T細胞免疫療法を復讐すると、「患者自身のT細胞を取り出して 、がん細胞の表面にある抗原を認識できるT細胞受容体を人工的に発現、この受容体を特異的に破壊する細胞医薬として患者に再度戻す」という作用。

Kite社は非ホジキンリンパ腫において米国で昨年12月に申請となっております。承認となれば世界で最初のCAR-T細胞免疫療法です。CAR-T細胞免疫療法では、ノバルティス社も白血病治療薬として開発を進めているCTL019も注目ですが、昨年同様の療法、白血病の試験において Juno社は副作用により臨床をストップするなど開発の難しさも見られます。
今後もこのCAR-T細胞免疫療法には注目です。

【関連リンク】

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!