武田薬品工業、米ベンチャー企業アリアド・ファーマシューティカルズ社を6200億円で買収。がん治療薬領域を強化へ

武田薬品工業は9日、がん治療薬に強みを持つ米国医薬品ベンチャー企業、アリアド・ファーマシューティカルズ社を約6200億円で買収すると発表しました。本年1~2月にTOPを実施、買収を完了する予定です。このことで重点領域のひとつである癌領域の強化を図る模様です。

武田薬品の代表取締役社長CEOであるクリストフ・ウェバー氏は、「ARIAD社の買収は、当社が世界中の患者さんのよりよい人生に貢献し、重点を置く戦略を推進する絶好の機会であるとともに、株主の皆様にもメリットをもたらすものです。本買収は当社にとっても素晴らしい機会であり、2つの革新的でターゲットを絞った薬剤の獲得により、当社の血液がん分野のポートフォリオはさらに拡大し、グローバルな固形がんのフランチャイズが変革することになります。このように極めて高品質で補完的なポートフォリオを獲得できる機会は多くあるものではなく、本買収は患者さんをはじめ、株主の皆様や当社ステークホルダーの方々にメリットをもたらすものと大いに期待しています」とプレスリリースで述べています。

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!

関連記事

  1. 重症COVID-19入院患者53人の7割がレムデシビル投与で快方に向かった

  2. 新型コロナウイルスにも有効らしいウイルスプロテアーゼ阻害剤ができた

  3. CD137活性化抗体や抗CTLA-4抗体を開発する中国のAdagene社が6900万ドル調達

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. 競争激化する発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)市場。Apellis社のE…

    2021.05.18

  2. BMSの閉塞性肥大型心筋症薬mavacamtenで患者の体調が大幅に改善

    2021.05.18

  3. PCI後DAPTが済んだ患者のクロピドグレル継続で一大事がアスピリンよ…

    2021.05.18

  4. 血流予備比FFRを頼りに冠動脈狭窄を一通りPCIしても転帰は改善せず

    2021.05.18

  5. Rocheの肺線維症薬EsbrietのPh2で駆出率保持心不全患者の心臓線維化…

    2021.05.18

  6. 大塚製薬の腎神経超音波焼灼Paradiseで難治性患者の血圧が低下

    2021.05.18

  7. HADS-D 7点以上を判定基準とする大うつ病検診の感度と特異度の兼ね…

    2021.05.18

  8. 進行した緑内障を手術治療した患者の生きやすさは点眼剤治療を上回…

    2021.05.18

  9. 英国の高齢者への接種でPfizerとAstraZenecaのCOVID-19ワクチンが同…

    2021.05.18

  10. mRNAワクチンの2回目接種を遅らせることでCOVID-19死亡を減らせる

    2021.05.18

  1. 競争激化する発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)市場。Apellis社のE…

    2021.05.18

  2. 通院、通学、大型施設もいつもどおりで大丈夫?巣籠もりより感染対…

    2021.05.17

  3. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  4. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  5. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15