武田薬品工業、米ベンチャー企業アリアド・ファーマシューティカルズ社を6200億円で買収。がん治療薬領域を強化へ

武田薬品工業は9日、がん治療薬に強みを持つ米国医薬品ベンチャー企業、アリアド・ファーマシューティカルズ社を約6200億円で買収すると発表しました。本年1~2月にTOPを実施、買収を完了する予定です。このことで重点領域のひとつである癌領域の強化を図る模様です。

武田薬品の代表取締役社長CEOであるクリストフ・ウェバー氏は、「ARIAD社の買収は、当社が世界中の患者さんのよりよい人生に貢献し、重点を置く戦略を推進する絶好の機会であるとともに、株主の皆様にもメリットをもたらすものです。本買収は当社にとっても素晴らしい機会であり、2つの革新的でターゲットを絞った薬剤の獲得により、当社の血液がん分野のポートフォリオはさらに拡大し、グローバルな固形がんのフランチャイズが変革することになります。このように極めて高品質で補完的なポートフォリオを獲得できる機会は多くあるものではなく、本買収は患者さんをはじめ、株主の皆様や当社ステークホルダーの方々にメリットをもたらすものと大いに期待しています」とプレスリリースで述べています。

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!

関連記事

  1. FDA長官に就任したゴットリーブ氏 FDAは医薬品価格引き下げの一端を担うべきと述べる

  2. 女性の性的欲求低下障害治療薬アッディの売上が伸び悩む。

  3. 独メルク社、分社化を検討か?【タイトル速報】

  4. 田辺三菱製薬社 イスラエルの NeuroDerm社を11億ドルで買収へ

  5. Rocheが抗Tigit抗体tiragolumabの小細胞肺癌初治療Ph3試験を始めている

  6. 一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年8月11日

メルマガ無料配信中




  1. 尿路感染症大腸菌に狙いを定めたLocus社のバクテリオファージのPh1b…

    2021.02.26

  2. ModernaがCOVID-19ワクチンの今年の売上をPfizerの上を行く184億ド…

    2021.02.26

  3. COVID-19入院患者へのGSKの抗GM-CSF抗体のPh2失敗

    2021.02.26

  4. 臨床試験に進む特発性肺線維症薬をInsilico社が決定~合成化合物は…

    2021.02.25

  5. 環状RNAによる治療を開発するOrna社が1億ドル超を手に船出

    2021.02.25

  6. J&JのCOVID-19ワクチンを米国FDAが有効で安全と判断~早ければ…

    2021.02.25

  7. 腫瘍に限って効くIL-2や抗CTLA4抗体の開発資金9500万ドルをXilio社…

    2021.02.25

  8. 数多の治療を経た骨髄腫の7割にBMS/bluebird bioのCAR-Tが効いたPh2…

    2021.02.25

  9. Karuna社の脳のムスカリン受容体活性化剤がPh2試験で統合失調症に有効

    2021.02.25

  10. 重篤な脳感染症へのNeoImmuneTech社の長持ちなIL-7薬の治験開始を米…

    2021.02.25

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16