製薬業界の最新ニュースと解説

神経因性疼痛:主要15市場の予測 2016-2026年

タイトル 神経因性疼痛:主要15市場の予測 2016-2026年
Epiomic Epidemiology Series: Neuropathic Pain Forecast in 15 Major Markets 2016-2026
発行日 2016/1/15
発行会社 Black Swan Analysis
ページ情報 英文 56 Pages
商品コード 349942

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single User License) USD 4,250
PDF by E-mail (Site License/Up to 5 Users) USD 6,400
PDF by E-mail (Corporate License) USD 7,700
概要 神経因性疼痛は一般的に、神経系の損傷に起因する慢性疼痛として定義されます。神経因性疼痛は糖尿病や帯状疱疹感染症など、その他の病気または疾患によって引き起こされ、しばしばうつ病、睡眠障害や恐怖/不安を伴います。

当レポートでは、主要15市場 (米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、ブラジル、日本、インド、メキシコ、トルコ、オランダ、オーストラリア、カナダおよびポーランド) における神経因性疼痛の現在の患者数 (性別、年齢コホート別) について調査分析し、現在の有病率のほか、疾患の概要、危険因子、疾患の診断と予後、主な症状や合併症など、体系的な情報を提供しています。
タイトル
神経因性疼痛:主要15市場の予測 2016-2026年
Epiomic Epidemiology Series: Neuropathic Pain Forecast in 15 Major Markets 2016-2026
レポート概要
神経因性疼痛は一般的に、神経系の損傷に起因する慢性疼痛として定義されます。神経因性疼痛は糖尿病や帯状疱疹感染症など、その他の病気または疾患によって引き起こされ、しばしばうつ病、睡眠障害や恐怖/不安を伴います。

当レポートでは、主要15市場 (米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、ブラジル、日本、インド、メキシコ、トルコ、オランダ、オーストラリア、カナダおよびポーランド) における神経因性疼痛の現在の患者数 (性別、年齢コホート別) について調査分析し、現在の有病率のほか、疾患の概要、危険因子、疾患の診断と予後、主な症状や合併症など、体系的な情報を提供しています。
発行日
2016/1/15
発行会社
Black Swan Analysis
ページ情報
英文 56 Pages
商品コード
349942

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single User License)
USD 4,250
PDF by E-mail (Site License/Up to 5 Users)
USD 6,400
PDF by E-mail (Corporate License)
USD 7,700

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社