製薬業界の最新ニュースと解説

癌性疼痛治療薬の世界市場 (2015~2019年)

タイトル 癌性疼痛治療薬の世界市場 (2015~2019年)
Global Cancer Pain Therapeutics Market 2015-2019
発行日 2016/1/20
発行会社 TechNavio (Infiniti Research Ltd.)
ページ情報 英文 61 Pages
商品コード 350456

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single user license) USD 2,500
PDF by E-mail (5-user license) USD 3,000
PDF by E-mail (Enterprise license) USD 4,000
概要 癌性疼痛は、癌の病期・種類により急性疼痛にも慢性疼痛にもなります。腫瘍が骨・神経やその他の人体組織を圧迫することで癌性疼痛が発生します。癌性疼痛の管理は、癌が進行した患者だけでなく、長年にわたり安定状態が続いている患者にとっても不可欠なものとなっています。NSAID (非ステロイド系抗炎症薬) やオピオイド、疼痛治療用アジュバント (補助剤) などを使った薬理介入が、癌性疼痛の治療に用いられています。世界の癌性疼痛治療薬の市場は2016~2020年にかけて、9.08%の年平均成長率 (CAGR) で成長する見通しです。

当レポートでは、世界の癌性疼痛治療薬の市場について分析し、市場の概要や構造、市場規模の動向 (今後5年間の予測値)、薬剤クラス別・地域別の詳細動向、市場の促進・抑制要因とその影響力、主要企業のプロファイル、今後の市場機会などを調査・推計しております。
タイトル
癌性疼痛治療薬の世界市場 (2015~2019年)
Global Cancer Pain Therapeutics Market 2015-2019
レポート概要
癌性疼痛は、癌の病期・種類により急性疼痛にも慢性疼痛にもなります。腫瘍が骨・神経やその他の人体組織を圧迫することで癌性疼痛が発生します。癌性疼痛の管理は、癌が進行した患者だけでなく、長年にわたり安定状態が続いている患者にとっても不可欠なものとなっています。NSAID (非ステロイド系抗炎症薬) やオピオイド、疼痛治療用アジュバント (補助剤) などを使った薬理介入が、癌性疼痛の治療に用いられています。世界の癌性疼痛治療薬の市場は2016~2020年にかけて、9.08%の年平均成長率 (CAGR) で成長する見通しです。

当レポートでは、世界の癌性疼痛治療薬の市場について分析し、市場の概要や構造、市場規模の動向 (今後5年間の予測値)、薬剤クラス別・地域別の詳細動向、市場の促進・抑制要因とその影響力、主要企業のプロファイル、今後の市場機会などを調査・推計しております。
発行日
2016/1/20
発行会社
TechNavio (Infiniti Research Ltd.)
ページ情報
英文 61 Pages
商品コード
350456

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single user license)
USD 2,500
PDF by E-mail (5-user license)
USD 3,000
PDF by E-mail (Enterprise license)
USD 4,000

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社