製薬業界の最新ニュースと解説

サルコイドーシス : パイプライン分析

タイトル サルコイドーシス : パイプライン分析
Sarcoidosis - Pipeline Review, H1 2016
発行日 2016/3/16
発行会社 Global Markets Direct
ページ情報 英文 42 Pages
商品コード 200487

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single user license) USD 2,000
PDF by E-mail (Site license) USD 4,000
PDF by E-mail (Global license) USD 6,000
概要 リンパ節や肺、肝臓、眼球、皮膚などの組織の隆起・膨張のことをサルコイドーシスと呼びます。サルコイドーシスは人体のあらゆる組織に作用することが可能で、最初は肺やリンパ節の上の肉芽腫として現れます。サルコイドーシスの要因についてはまだよく分かっていませんが、呼吸困難やせき、皮膚発疹、顔面・腕・脛上の赤い隆起(結節性紅斑)、目の炎症などが主な共通する兆候として挙げられています。また体重損失や倦怠感、寝汗、高熱なども伴います。治療の主な目的は、肺やその他の感染した人体組織の働きを保ち、症状を緩和させることにあります。現在、コルチコステロイド薬剤が炎症・肉芽腫形成に対して用いられる他、クロロキン、D-ペニシラミン、クロランブシル、メトトレキサートなども利用されます。

当レポートでは、世界各国でのサルコイドーシス(類肉腫症)治療用のパイプライン製品の開発状況について分析し、パイプライン製品の最新動向や、治験の各段階にある製品の一覧、主要企業のプロファイル、主な薬剤の概要(製品概要、機能メカニズム、研究開発(R&D)の進展状況)、最新の業界動向などを調査して、その結果を概略以下の構成でお届けします。
タイトル
サルコイドーシス : パイプライン分析
Sarcoidosis - Pipeline Review, H1 2016
レポート概要
リンパ節や肺、肝臓、眼球、皮膚などの組織の隆起・膨張のことをサルコイドーシスと呼びます。サルコイドーシスは人体のあらゆる組織に作用することが可能で、最初は肺やリンパ節の上の肉芽腫として現れます。サルコイドーシスの要因についてはまだよく分かっていませんが、呼吸困難やせき、皮膚発疹、顔面・腕・脛上の赤い隆起(結節性紅斑)、目の炎症などが主な共通する兆候として挙げられています。また体重損失や倦怠感、寝汗、高熱なども伴います。治療の主な目的は、肺やその他の感染した人体組織の働きを保ち、症状を緩和させることにあります。現在、コルチコステロイド薬剤が炎症・肉芽腫形成に対して用いられる他、クロロキン、D-ペニシラミン、クロランブシル、メトトレキサートなども利用されます。

当レポートでは、世界各国でのサルコイドーシス(類肉腫症)治療用のパイプライン製品の開発状況について分析し、パイプライン製品の最新動向や、治験の各段階にある製品の一覧、主要企業のプロファイル、主な薬剤の概要(製品概要、機能メカニズム、研究開発(R&D)の進展状況)、最新の業界動向などを調査して、その結果を概略以下の構成でお届けします。
発行日
2016/3/16
発行会社
Global Markets Direct
ページ情報
英文 42 Pages
商品コード
200487

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single user license)
USD 2,000
PDF by E-mail (Site license)
USD 4,000
PDF by E-mail (Global license)
USD 6,000

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社