世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年1月5日

今日のおさえたい製薬時事英語

「Probe」:厳密な調査
「inappropriate」:不適切な
「dual immune checkpoint blockade」二重免疫チェックポイント阻害薬

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

FirstWord社のYoutube「News Round-Up」と併せてご活用下さい。

アレクシオン・ファーマシューティカルズ社は会計に関する内部調査を実施した結果、先に発表した決算報告の訂正は必要ないとの声明を出しました。
同社は主力商品である発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)治療薬「ソリリス」の販売に関して不正があったとする元従業員の内部告発を受け内部調査を行なっていましたが、今回の調査で「重要な欠陥」があったことは確認したということです。

イーライリリー社は1月1日付けでCEOに昇格したバイオ医薬事業部トップのDavid Ricks氏の後任としてChristi Shaw氏の起用を発表しました。
Shaw氏は1989年から2002年までの間ノバルティス米国社にて、セールス、マーケティング部門に在籍、また直近では社長職に就いていました。

アラガン社は今年の業績予想を発表し、新製品発売、海外事業の成長、また主力製品の好調な売上などにより、売上高成長率は1桁台半ばの伸びになると予想しました。
製品別には、ドライアイ治療薬「レスタシス」の売上が安定を維持するものの、アルツハイマー病治療薬Namenda XRが今年Q4にジェネリック薬の競合で苦戦を強いられるものと予想しています。

Servier社とPieris Pharmaceuticals社は二重免疫チェックポイント阻害によるがん免疫療法の開発で提携したと発表しました。
両社はPieris Pharmaceuticals社の抗PD-1抗体をベースにした二重特異抗体PRS-332を用い、5つの二重特異抗体の開発に着手します。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!