製薬業界の最新ニュースと解説

ライフサイエンス分野向けナノ粒子装置の世界市場 (2016~2020年)

タイトル ライフサイエンス分野向けナノ粒子装置の世界市場 (2016~2020年)
Global Nanoparticles Instrumentation Market in the Life Sciences Sector 2016-2020
発行日 2016/4/21
発行会社 TechNavio (Infiniti Research Ltd.)
ページ情報 英文 69 Pages
商品コード 357317

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single user license) USD 2,500
PDF by E-mail (5-user license) USD 3,000
PDF by E-mail (Enterprise license) USD 4,000
概要 ナノ粒子とは直径1~100ナノメートル (nm) 程度の小さな粒子で、その小ささを反映した独特の性質を有しています。その潜在的な活用分野は幅広く、生体医療・光学・電子工学などにわたっています。このナノ粒子の特徴・機能を観察・追跡・分析するために使われるのがナノ粒子装置です。様々な技術 (ナノ粒子追跡分析、X線回析、動的光散乱法顕微鏡検査、電子画像など) を用いて、ナノ粒子を追跡・解析します。世界のライフサイエンス用ナノ粒子装置市場は2016~2020年にかけて、5.06%のCAGR (複合年間成長率) で成長する見通しです。

当レポートでは、世界のライフサイエンス分野向けナノ粒子装置の市場について分析し、技術の概要や市場構造、市場規模の動向 (今後5年間の予測値)、技術別・用途別・地域別の詳細動向、市場の促進・抑制要因とその影響力、主要企業のプロファイル、今後の市場機会などを調査・推計しております。
タイトル
ライフサイエンス分野向けナノ粒子装置の世界市場 (2016~2020年)
Global Nanoparticles Instrumentation Market in the Life Sciences Sector 2016-2020
レポート概要
ナノ粒子とは直径1~100ナノメートル (nm) 程度の小さな粒子で、その小ささを反映した独特の性質を有しています。その潜在的な活用分野は幅広く、生体医療・光学・電子工学などにわたっています。このナノ粒子の特徴・機能を観察・追跡・分析するために使われるのがナノ粒子装置です。様々な技術 (ナノ粒子追跡分析、X線回析、動的光散乱法顕微鏡検査、電子画像など) を用いて、ナノ粒子を追跡・解析します。世界のライフサイエンス用ナノ粒子装置市場は2016~2020年にかけて、5.06%のCAGR (複合年間成長率) で成長する見通しです。

当レポートでは、世界のライフサイエンス分野向けナノ粒子装置の市場について分析し、技術の概要や市場構造、市場規模の動向 (今後5年間の予測値)、技術別・用途別・地域別の詳細動向、市場の促進・抑制要因とその影響力、主要企業のプロファイル、今後の市場機会などを調査・推計しております。
発行日
2016/4/21
発行会社
TechNavio (Infiniti Research Ltd.)
ページ情報
英文 69 Pages
商品コード
357317

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single user license)
USD 2,500
PDF by E-mail (5-user license)
USD 3,000
PDF by E-mail (Enterprise license)
USD 4,000

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社