製薬業界の最新ニュースと解説

医薬品偽造防止技術の市場分析・予測 (2016-2026年):RFID・タガント・バーコード・ホログラム/OVD・その他

タイトル 医薬品偽造防止技術の市場分析・予測 (2016-2026年):RFID・タガント・バーコード・ホログラム/OVD・その他
Pharmaceutical Anti-Counterfeiting Technologies Market Forecast 2016-2026: RFID, Taggants, Barcodes, Holograms/OVD and Others
発行日 2016/4/26
発行会社 Visiongain Ltd
ページ情報 英文 226 Pages 納期: 即日から翌営業日
商品コード 204744

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 Unprintable PDF (Single User) - 1 Year License GBP 3,499
PDF (Departmental - 5 Users) - 1 Year License GBP 3,899
PDF (Site License) GBP 4,999
概要 世界の医薬品偽造防止技術の収益規模は2016年から2026年にかけて大きく拡大すると予測されています。偽造医薬品利用の拡大、政府による義務化、FDAイニシアチブ、技術的発展、RFID部門の急成長などの要因が2026年にかけての売上を推進する見通しです。

当レポートでは、世界の医薬品偽造防止技術の市場を調査し、医薬品偽造とその対策の現状、医薬品偽造防止技術の技術区分・地域/主要国別の動向、売上予測、市場成長への影響因子の分析、新たな技術開発の動向、主要企業のプロファイル、定性分析、専門家へのインタビュー、将来の展望などをまとめています。
タイトル
医薬品偽造防止技術の市場分析・予測 (2016-2026年):RFID・タガント・バーコード・ホログラム/OVD・その他
Pharmaceutical Anti-Counterfeiting Technologies Market Forecast 2016-2026: RFID, Taggants, Barcodes, Holograms/OVD and Others
レポート概要
世界の医薬品偽造防止技術の収益規模は2016年から2026年にかけて大きく拡大すると予測されています。偽造医薬品利用の拡大、政府による義務化、FDAイニシアチブ、技術的発展、RFID部門の急成長などの要因が2026年にかけての売上を推進する見通しです。

当レポートでは、世界の医薬品偽造防止技術の市場を調査し、医薬品偽造とその対策の現状、医薬品偽造防止技術の技術区分・地域/主要国別の動向、売上予測、市場成長への影響因子の分析、新たな技術開発の動向、主要企業のプロファイル、定性分析、専門家へのインタビュー、将来の展望などをまとめています。
発行日
2016/4/26
発行会社
Visiongain Ltd
ページ情報
英文 226 Pages 納期: 即日から翌営業日
商品コード
204744

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
Unprintable PDF (Single User) - 1 Year License
GBP 3,499
PDF (Departmental - 5 Users) - 1 Year License
GBP 3,899
PDF (Site License)
GBP 4,999

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社