製薬業界の最新ニュースと解説

グルコース依存性インスリン分泌性受容体(Gタンパク質結合受容体119/GPR119):パイプライン分析

タイトル グルコース依存性インスリン分泌性受容体(Gタンパク質結合受容体119/GPR119):パイプライン分析
Glucose-Dependent Insulinotropic Receptor (G-Protein Coupled Receptor 119 or GPR119) - Pipeline Review, H1 2016
発行日 2016/4/27
発行会社 Global Markets Direct
ページ情報 英文 65 Pages
商品コード 358348

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single user license) USD 3,500
PDF by E-mail (Site license) USD 7,000
PDF by E-mail (Global license) USD 10,500
概要 GPR119として知られるGタンパク質結合受容体119も、GPR119遺伝子によってコード化されるGタンパク質結合レセプターです。GPR119は、すい臓と消化管で高濃度で発現します。GPR119は、インクレチンとインスリン・ホルモンの分泌を調整しています。GPR119レセプターの活性化によって、食物摂取が低下し、体重増加が抑えられます。この標的は、肥満と糖尿病治療の潜在的な薬剤標的です。

当レポートでは、世界各国でのグルコース依存性インスリン分泌性受容体のパイプライン製品の開発状況について分析し、製品開発・上市の最新動向や、治験の各段階にある製品の一覧、主要企業のプロファイル、主な薬剤の概要、最新の業界動向などの情報をお届けします。
タイトル
グルコース依存性インスリン分泌性受容体(Gタンパク質結合受容体119/GPR119):パイプライン分析
Glucose-Dependent Insulinotropic Receptor (G-Protein Coupled Receptor 119 or GPR119) - Pipeline Review, H1 2016
レポート概要
GPR119として知られるGタンパク質結合受容体119も、GPR119遺伝子によってコード化されるGタンパク質結合レセプターです。GPR119は、すい臓と消化管で高濃度で発現します。GPR119は、インクレチンとインスリン・ホルモンの分泌を調整しています。GPR119レセプターの活性化によって、食物摂取が低下し、体重増加が抑えられます。この標的は、肥満と糖尿病治療の潜在的な薬剤標的です。

当レポートでは、世界各国でのグルコース依存性インスリン分泌性受容体のパイプライン製品の開発状況について分析し、製品開発・上市の最新動向や、治験の各段階にある製品の一覧、主要企業のプロファイル、主な薬剤の概要、最新の業界動向などの情報をお届けします。
発行日
2016/4/27
発行会社
Global Markets Direct
ページ情報
英文 65 Pages
商品コード
358348

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single user license)
USD 3,500
PDF by E-mail (Site license)
USD 7,000
PDF by E-mail (Global license)
USD 10,500

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社