製薬業界の最新ニュースと解説

転移性内分泌治療抵抗性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺癌:パイプライン分析

タイトル 転移性内分泌治療抵抗性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺癌:パイプライン分析
Metastatic Hormone Refractory (Castration Resistant, Androgen-Independent) Prostate Cancer - Pipeline Review, H1 2016
発行日 2016/5/25
発行会社 Global Markets Direct
ページ情報 英文 430 Pages
商品コード 264086

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single user license) USD 2,000
PDF by E-mail (Site license) USD 4,000
PDF by E-mail (Global license) USD 6,000
概要 転移性内分泌治療抵抗性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺癌(mHRPC)とは、低テストステロン下でも前立腺特異抗原(SPA)が上昇する前立腺癌です。ホルモン療法に反応しなくなり、癌細胞周辺の組織や骨など他臓器への転移が起こります。mHRPCのもっとも重要な発症要因は加齢、環境ストレス、遺伝要因であり、症状は倦怠感、まひ、骨の痛み、下腰部痛または骨盤痛、体重の減少などが挙げられます。

当レポートでは、転移性内分泌治療抵抗性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺癌に対する治療薬の開発状況について調査分析し、パイプライン製品の概要、治験の段階別の製品の概要、主要企業プロファイル、薬剤のプロファイル、パイプライン製品の最新動向、最新ニュースとプレスリリースなどについて、体系的な情報を提供しています。
タイトル
転移性内分泌治療抵抗性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺癌:パイプライン分析
Metastatic Hormone Refractory (Castration Resistant, Androgen-Independent) Prostate Cancer - Pipeline Review, H1 2016
レポート概要
転移性内分泌治療抵抗性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺癌(mHRPC)とは、低テストステロン下でも前立腺特異抗原(SPA)が上昇する前立腺癌です。ホルモン療法に反応しなくなり、癌細胞周辺の組織や骨など他臓器への転移が起こります。mHRPCのもっとも重要な発症要因は加齢、環境ストレス、遺伝要因であり、症状は倦怠感、まひ、骨の痛み、下腰部痛または骨盤痛、体重の減少などが挙げられます。

当レポートでは、転移性内分泌治療抵抗性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺癌に対する治療薬の開発状況について調査分析し、パイプライン製品の概要、治験の段階別の製品の概要、主要企業プロファイル、薬剤のプロファイル、パイプライン製品の最新動向、最新ニュースとプレスリリースなどについて、体系的な情報を提供しています。
発行日
2016/5/25
発行会社
Global Markets Direct
ページ情報
英文 430 Pages
商品コード
264086

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single user license)
USD 2,000
PDF by E-mail (Site license)
USD 4,000
PDF by E-mail (Global license)
USD 6,000

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社