製薬業界の最新ニュースと解説

胃がんの世界市場 (2016年)

タイトル 胃がんの世界市場 (2016年)
Global Gastric Cancer Market Report: 2016 Edition
発行日 2016/5/31
発行会社 Koncept Analytics
ページ情報 英文 52 Pages
商品コード 358801

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single User License) USD 800
Hard Copy Mail Delivery USD 875
PDF by E-mail (Corporate User License) USD 1,100
概要 胃がんとは、胃の上皮や胃壁内部のリンパ節・リンパ管にがん細胞が発生し、増殖・転移していくという疾患です。胃がんの原因はまだ明らかにされていませんが、喫煙や塩分摂取量、肥満、加齢との関連性が指摘されています。また、ヘリコバクターピロリに感染した場合も、胃がんの発症可能性が高くなります。これまでは胃がんの予後は悪い状態にありましたが、早期診断や標的療法の活用により、近年大幅に改善されています。有効なパイプライン製品も開発が進んでおり、上市を待っている状態です。ただし、標的療法の普及率が低いことや、がん治療薬への医療費償還額が不足していることが、市場成長の妨げとなる可能性もあります。

当レポートでは、胃癌の治療薬の市場について分析し、疾患の概要や主な治療法・治療薬、世界市場の規模 (発症件数・市場収益額など)、主要地域の詳細動向、主な市場促進・抑制要因、現在開発中のパイプライン製品とその上市見通し、企業間競争の現状 (企業規模の比較など)、主要企業のプロファイルなどについて調査・推計しております。
タイトル
胃がんの世界市場 (2016年)
Global Gastric Cancer Market Report: 2016 Edition
レポート概要
胃がんとは、胃の上皮や胃壁内部のリンパ節・リンパ管にがん細胞が発生し、増殖・転移していくという疾患です。胃がんの原因はまだ明らかにされていませんが、喫煙や塩分摂取量、肥満、加齢との関連性が指摘されています。また、ヘリコバクターピロリに感染した場合も、胃がんの発症可能性が高くなります。これまでは胃がんの予後は悪い状態にありましたが、早期診断や標的療法の活用により、近年大幅に改善されています。有効なパイプライン製品も開発が進んでおり、上市を待っている状態です。ただし、標的療法の普及率が低いことや、がん治療薬への医療費償還額が不足していることが、市場成長の妨げとなる可能性もあります。

当レポートでは、胃癌の治療薬の市場について分析し、疾患の概要や主な治療法・治療薬、世界市場の規模 (発症件数・市場収益額など)、主要地域の詳細動向、主な市場促進・抑制要因、現在開発中のパイプライン製品とその上市見通し、企業間競争の現状 (企業規模の比較など)、主要企業のプロファイルなどについて調査・推計しております。
発行日
2016/5/31
発行会社
Koncept Analytics
ページ情報
英文 52 Pages
商品コード
358801

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single User License)
USD 800
Hard Copy Mail Delivery
USD 875
PDF by E-mail (Corporate User License)
USD 1,100

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社