世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2017年1月4日

FirstWordで提供しているNews Round-upのYoutubeを活用して、製薬業界の時事英語を耳と目で学んで下さい。

今日のおさえたい製薬時事英語

実は、製薬業界とはあまり関係のない語彙ですが、知っておくと便利だと思います。
しばらく、この話題で業界が騒がしくなるかもしれません。。。?
「Bribery allegations」で贈収賄の疑い、疑惑と言ったところがちょうどいい翻訳ではないでしょうか?
ちなみに、briberyの発音はBで、Vは入ってませんので唇は噛まずに発音しましょう!

「bribery」 贈収賄
「allegations」(十分な証拠のない)申し立て、主張、弁証
「bribery allegations」贈収賄の疑い、贈収賄の疑惑
「alleging bribes」(十分な証拠なしに) 断言する、強く主張する

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

ギリアド・サイエンシズ社はアレッサンドロ・リバ氏を血液・腫瘍領域のヘッドに任命したと発表しました。
リバ氏はノバルティス社のオンコロジー事業部グローバル開発の元責任者です。

ギリシャ検察当局はノバルティス社の贈賄の疑いに対する捜査の一環として、同社アテネ事務所の強制捜査に踏み切りました。
捜査関係者によると、ノバルティス社の医師や役人に対する贈賄の疑いをマスコミが報道したことがきっかけで検察当局が動いたということです。

シャイアー社はメッセンジャーRNA(mRNA)を用いた治療法開発プラットフォームをRaNA Therapeutics社へ売却し、その代わりにRaNA社の株式(額は非公開)とマイルストンとロイヤリティ受領権を得たと発表しました。
シャイアー社でmRNA分野に携わっていた社員についてはRaNA Therapeutics社に移籍し、mRNAを用いた嚢胞性線維症や尿素サイクル異常症治療薬開発を継続するということです。

FDAはバイエル社のStivargaを肝細胞がんのセカンドライン治療薬とする承認申請を受理し、優先審査品目に指定しました。
Stivargaは現在転移性大腸がんと局所進行または切除不能転移性消化管間質腫瘍(GIST)の適応で承認されています。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!