製薬業界の最新ニュースと解説

プラスミノーゲン活性化因子阻害薬-1 (内皮プラスミノーゲン活性化因子阻害薬、セルピンE1、PAI-1) – パイプライン製品の分析

タイトル プラスミノーゲン活性化因子阻害薬-1 (内皮プラスミノーゲン活性化因子阻害薬、セルピンE1、PAI-1) - パイプライン製品の分析
Plasminogen (Plasmin or PLG or EC 3.4.21.7) - Pipeline Review, H2 2016
発行日 2016/7/30
発行会社 Global Markets Direct
ページ情報 英文 63 Pages
商品コード 358688

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single user license) USD 3,500
PDF by E-mail (Site license) USD 7,000
PDF by E-mail (Global license) USD 10,500
概要 プラスミノーゲン活性化因子阻害薬-1 (PAI-1) は、内皮プラスミノーゲン活性化因子阻害薬としても知られている、セルピン1遺伝子によってコードされるタンパク質です。PAI-1の上昇は、血栓症やアテローム性動脈硬化症の危険因子です。

当レポートでは、プラスミノーゲン活性化因子阻害薬-1 (内皮プラスミノーゲン活性化因子阻害薬、セルピンE1、PAI-1) の開発状況について調査分析し、パイプライン製品の概要、治験の段階別の製品の概要、主要企業プロファイル、薬剤のプロファイル、パイプライン製品の最新動向、最新ニュースとプレスリリースなど、体系的な情報を提供しています。
タイトル
プラスミノーゲン活性化因子阻害薬-1 (内皮プラスミノーゲン活性化因子阻害薬、セルピンE1、PAI-1) - パイプライン製品の分析
Plasminogen (Plasmin or PLG or EC 3.4.21.7) - Pipeline Review, H2 2016
レポート概要
プラスミノーゲン活性化因子阻害薬-1 (PAI-1) は、内皮プラスミノーゲン活性化因子阻害薬としても知られている、セルピン1遺伝子によってコードされるタンパク質です。PAI-1の上昇は、血栓症やアテローム性動脈硬化症の危険因子です。

当レポートでは、プラスミノーゲン活性化因子阻害薬-1 (内皮プラスミノーゲン活性化因子阻害薬、セルピンE1、PAI-1) の開発状況について調査分析し、パイプライン製品の概要、治験の段階別の製品の概要、主要企業プロファイル、薬剤のプロファイル、パイプライン製品の最新動向、最新ニュースとプレスリリースなど、体系的な情報を提供しています。
発行日
2016/7/30
発行会社
Global Markets Direct
ページ情報
英文 63 Pages
商品コード
358688

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single user license)
USD 3,500
PDF by E-mail (Site license)
USD 7,000
PDF by E-mail (Global license)
USD 10,500

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社