製薬業界の最新ニュースと解説

フィブリノゲン欠乏症(第Ⅰ因子欠乏症) : パイプライン分析

タイトル フィブリノゲン欠乏症(第Ⅰ因子欠乏症) : パイプライン分析
Fibrinogen Deficiency (Factor I Deficiency) - Pipeline Review, H2 2016
発行日 2016/8/24
発行会社 Global Markets Direct
ページ情報 英文 32 Pages
商品コード 293883

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single user license) USD 2,000
PDF by E-mail (Site license) USD 4,000
PDF by E-mail (Global license) USD 6,000
概要 フィブリノゲン欠乏症(第Ⅰ因子欠乏症)は、稀に見られる遺伝性の出血性疾患で、第Ⅰ因子による重度次第で異なる合併症を伴います。第Ⅰ因子欠乏症は、フィブリノゲンが欠乏している(無フィブリノゲン血症)か、存在するが正常値を下回る(低フィブリノゲン血症)、正常に機能していない(異常フィブリノゲン血症)あるいは、凝固反応が早々と阻害されて血栓が形成されない時に発生します。可能な治療としては、フィブリノゲン代償治療があり、濃縮フィブリノゲンを患者に投与します。また、血漿や 寒冷沈降物を使う場合もあります。

当レポートでは、フィブリノゲン欠乏症(第Ⅰ因子欠乏症)の治療薬開発パイプラインの現況と最新アップデートによる各開発段階の比較分析、企業や研究機関によって開発中の治療薬、治療薬の評価、後期段階および中止されたプロジェクトに関する情報などを最新のニュースや発表も交えて提供しています。
タイトル
フィブリノゲン欠乏症(第Ⅰ因子欠乏症) : パイプライン分析
Fibrinogen Deficiency (Factor I Deficiency) - Pipeline Review, H2 2016
レポート概要
フィブリノゲン欠乏症(第Ⅰ因子欠乏症)は、稀に見られる遺伝性の出血性疾患で、第Ⅰ因子による重度次第で異なる合併症を伴います。第Ⅰ因子欠乏症は、フィブリノゲンが欠乏している(無フィブリノゲン血症)か、存在するが正常値を下回る(低フィブリノゲン血症)、正常に機能していない(異常フィブリノゲン血症)あるいは、凝固反応が早々と阻害されて血栓が形成されない時に発生します。可能な治療としては、フィブリノゲン代償治療があり、濃縮フィブリノゲンを患者に投与します。また、血漿や 寒冷沈降物を使う場合もあります。

当レポートでは、フィブリノゲン欠乏症(第Ⅰ因子欠乏症)の治療薬開発パイプラインの現況と最新アップデートによる各開発段階の比較分析、企業や研究機関によって開発中の治療薬、治療薬の評価、後期段階および中止されたプロジェクトに関する情報などを最新のニュースや発表も交えて提供しています。
発行日
2016/8/24
発行会社
Global Markets Direct
ページ情報
英文 32 Pages
商品コード
293883

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single user license)
USD 2,000
PDF by E-mail (Site license)
USD 4,000
PDF by E-mail (Global license)
USD 6,000

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社