【専門医サーベイ】キイトルーダの一次治療の承認が及ぼす二次治療への影響は?

FirstWordでは、2016年10月の米国におけるキイトルーダの非小細胞肺がんの一次治療での承認を受けたことを踏まえて、その後の一次治療の動向を医師向けに調査を実施しました。調査の結果、先日の非小細胞肺がんのファーストラインでの治療が増えているとの調査報告を12月12日に発表いたしました。

この度、この承認と一次治療での医師の傾向が二次治療での治療へどのような影響を与えているのか調査を実施いたしました。調査はすでに終了し、FirstWord Plusの会員向けに公開されておりますが、キイトルーダの一次治療での承認は二次治療において、すでに二次治療で承認されているオプジーボとのシェアにも大きな影響を与えそうです。

この度の質問状は以下です。

  1. Assuming a first-line NSCLC patient receiving Keytruda monotherapy experienced either progression or recurrence of their disease, would you prescribe another PD-1 or PD-L1 inhibitor as a second-line therapy?
  2. For first-line NSCLC patients who have experienced either progression or recurrence of their disease following treatment with chemotherapy, would you favour a particular PD-(L)1 inhibitor for second-line therapy?
  3. For which reason primarily did you select that product?
    1. Familiarity with use of product/biomarker assay in first-line patients
    2. Familiarity with product in second-line patients
    3. PD-L1 status of patient (i.e. either PD-L1 negative or PD-L1 >1%)
    4. Perception of clinical profile for that product
    5. Dosing regimen for that product
    6. Perception of product manufacturer
    7. Other (please state)
  4. Do you stratify second-line NSCLC patients by PD-L1 status to determine treatment with a particular product?
  5. In 12 months’ time, which of the following PD-(L)1 inhibitor products would you expect to be used most frequently in second-line patients?
[vcex_button url=”https://www.firstwordpharma.com/node/1441610″ align=”center” size=”large” color=”blue”]全文をオリジナルサイト(英語)で読む[/vcex_button]

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

関連記事

  1. GRAIL社の血中細胞外DNAメチル化解析検査で50を超える癌を偽陽性少なく検出

  2. 活動のみならず心情も察する人工知能連動リストバンドをAmazonが発売

  3. Sarepta社の筋ジストロフィー薬Amondys 45をFDAが取り急ぎ承認

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. アルツハイマー病に無効のvTv社の抗RAGE薬がCantex社で第二の人生を…

    2021.06.24

  2. SanofiとTranslate BioのインフルエンザmRNAワクチンの第1相試験開始

    2021.06.24

  3. COVID-19入院患者へのTheravance社の吸入JAK阻害剤のPh2失敗

    2021.06.24

  4. スタチン使用と認知症や軽度認知機能障害の発現は関連せず~ASPREE…

    2021.06.24

  5. GSKのより長く効く皮下注射HIV薬の開発にHalozymeの技術が使われる

    2021.06.24

  6. uniQureが側頭葉てんかん遺伝子治療を開発するフランスのCorlieve社…

    2021.06.24

  7. COVID-19の末梢炎症は脈絡叢細胞を伝って脳に及びうる

    2021.06.24

  8. キューバの3回投与ワクチンAbdalaが大詰めの臨床試験でCOVID-19の92…

    2021.06.24

  9. 神経損傷マーカーNFLの血清濃度が高いCOVID-19患者の予後は不良

    2021.06.24

  10. 去年末の英国の新型コロナウイルス感染率は集団免疫には程遠いせい…

    2021.06.24

  1. Avenue Therapeutics社のIV型トラマドール静注、FDAからまたもや否…

    2021.06.15

  2. バーテックス社、α1アンチトリプシン欠損症におけるVX-864の開発を…

    2021.06.11

  3. 抗アミロイドβ抗体ADUHELM承認の余波。門戸が大きく広がるのか?

    2021.06.10

  4. FDA、アルツハイマー治療薬 としてAduhelm(アデュカヌマブ)を迅速…

    2021.06.08

  5. ASCO2021;バーチャル年次総会開幕。注目のプレゼンテーション5つを…

    2021.06.08