ファイザー社CEO、今後も買収機会の模索は検討。「コスト削減が可能で建設的な買収案件であれば、考える余地あり」とコメント

ファイザー社のイアン・リードCEOは、アストラゼネカ社やアラガン社の買収は失敗に終わったものの、巨大合併自体を諦めたわけではないと述べています。
リード氏は「コスト削減が可能で建設的な買収案件であれば、考える余地あり」としています。

参照記事
【Bloomberg】Pfizer CEO Read Is Open to Mega-Merger; Inversion? Not So Much

関連記事

  1. 情報BOX:新型コロナウイルスを巡る日本政府の対応

  2. 許容範囲の濃度で新型コロナウイルス複製を阻害しうる13の低分子化合物を同定

  3. 中国当局、海外での臨床試験の結果を活用し、承認プロセスの迅速化をはかる計画を発表

  4. Sanofiがナチュラルキラー細胞治療のKiadis社を買う

  5. 老化促進因子KAT7を同定~その不活性化でマウスの寿命が延長

  6. マウスの冬眠様の代謝/体温抑制状態・休眠に携わる視床下部神経が見つかった

メルマガ無料配信中




  1. 自社ライセンスで米国市場で新薬の上市をするには?新しい医薬品商…

    2021.05.08

  2. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  3. どの新型コロナウイルス変異株も阻止するAbCellera社の抗体の試験を…

    2021.05.06

  4. 変異株B.1.351感染蔓延の南アでのNovavax社COVID-19蛋白質ワクチン…

    2021.05.06

  5. Aldeyra社の活性アルデヒド種阻害点眼剤のアレルギー性結膜炎Ph3試…

    2021.05.05

  6. アルポート症候群腎疾患を治療するReata社のNrf2活性化剤の承認申請…

    2021.05.05

  7. コレステロール似の物質コレステノンがピロリ菌の増殖を阻害すると…

    2021.05.05

  8. VerilyのデジタルツールでLivaNova社の大うつ病神経刺激治療を評価…

    2021.05.05

  9. COVID-19 mRNAワクチンの顔麻痺は他ワクチンより生じ易くはなさそう

    2021.05.05

  10. 武田薬品の非小細胞肺癌治療薬mobocertinibの承認申請を米国FDAが優…

    2021.05.05

  1. 自社ライセンスで米国市場で新薬の上市をするには?新しい医薬品商…

    2021.05.08

  2. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  3. ヤンセン社、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS…

    2021.04.26

  4. NICEのドラフトガイダンスにより、エンハーツが欧州での進行性乳が…

    2021.04.26

  5. デジタル戦略:バイエルの音声アシスタント「AMI」が医師のために医…

    2021.04.19