【専門医サーベイ】ジャディアンス、FDAの適応追加の効果てきめん?糖尿病SGLT-2阻害剤クラスでも有意に

FirstWordでは、FDAのSGLT-2阻害剤「ジャディアンス」の心血管系の適応追加を承認のニュースを受けて、先週プライマリーケア医師を含む73名の専門医師へのサーベイ調査を実施しました。
本調査は、FDAが、イーライリリー社とベーリンガーインゲルハイム社によるSGLT-2阻害剤「ジャディアンス」について、成人の2型糖尿病患者の心血管死リスク低減および心血管疾患リスク低減の適応追加を承認した事を受けて、実施いたしております。

このたびの調査の結果、ジャディアンスを投与を好むとした医師が他のSGLT-2阻害剤に比べても最も高いことがわかりました。この度の、調査で比較対象の医薬品としては、SGLT-2阻害剤の2剤、Invokana(日本ではカナグル)、Farxiga(日本ではフォシーガ)です。

成人の2型糖尿病患者の心血管死リスク低減および心血管疾患リスク低減の適応追加に関しては非常に好意的に医師には受け入れられております。この傾向は昨年のEMPA-REG OUTCOMESの臨床結果の発表時点から注目を集めており、今回の適応追加はジャディアンスにとっては売上の向上にダイレクトに繋がっていく機会となると思われます。

質問状

  • Which of the SGLT-2 inhibitors do you prefer to use for the management of type 2 diabetes?
  • Last week, the FDA approved a new indication for the SGLT-2 inhibitor Jardiance to reduce the risk of cardiovascular death in adults with type 2 diabetes and established cardiovascular disease. Approval was based on data from the EMPA-REG OUTCOME study.
  • Will approval of this new indication prompt you to increase your use of Jardiance at the expense of the other SGLT-2 inhibitors?
  • Will approval of this new indication prompt you to increase your use of Jardiance – or SGLT-2 inhibitors in general – as second-line therapies ahead of DPP-4 inhibitors?
  • Will your increased use of Jardiance, or SGLT-2 inhibitors in general, occur specifically in type 2 diabetes patients with established cardiovascular disease?
  • If one or both of the other SGLT-2 inhibitors (Invokana and Farxiga) delivers positive data from ongoing cardiovascular outcomes studies, do you think this would have a notable impact on overall usage of the SGLT-2 inhibitor class?

出典:Physician Views: Jardiance approved by FDA for reducing cardiovascular death in diabetes patients – what impact on treatment trends?

[vcex_button url=”https://www.firstwordpharma.com/node/1440249″ align=”center” size=”large” color=”blue” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right”]続きをオリジナルサイト(英語)で読む[/vcex_button]

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

関連記事

  1. 一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年9月1日

  2. 新型コロナウイルス感染者の半数近い43%が一切無症状~しかも感染を移しうる

  3. Verastem社がリンパ腫薬COPIKTRAをSecura Bio社に前金7000万ドルで売却

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13