製薬業界の最新ニュースと解説

世界の稀少疾患向け遺伝子治療市場 – 市場規模、シェア、見通し、市場機会の分析 2018年~2026年

タイトル 世界の稀少疾患向け遺伝子治療市場 - 市場規模、シェア、見通し、市場機会の分析 2018年~2026年
Gene Therapy for Rare Disease Market - Size, Share, Outlook, and Opportunity Analysis, 2018 - 2026
発行日 2018/11/30
発行会社 Coherent Market Insights
ページ情報 英文 240 Pages 納期: 2-3営業日
商品コード 754980

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PPT Turned PDF (Single User License) USD 4,500
PPT Turned PDF (Multi-user License) USD 7,000
PPT Turned PDF (Enterprise User License) USD 10,000
概要 稀少疾患治療薬は、1983年に成立されたオーファンドラッグ法において1つ以上の適応症を承認された治療薬として定義されています。オーファンドラッグ法は稀少疾患の革新的な治療薬の開発を支援するもので、2017年および2018年に稀少疾患治療薬の承認件数は過去最大となりました。遺伝子治療の開発には、先進技術、高額の研究開発費、そして優れた科学者が必要であり、これが遺伝子治療のコストの高さにつながっています。

当レポートでは、世界の稀少疾患向け遺伝子治療市場を調査し、市場の概要、治療薬・適応症・地域別の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および阻害要因の分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなど、包括的な情報を提供しています。
タイトル
世界の稀少疾患向け遺伝子治療市場 - 市場規模、シェア、見通し、市場機会の分析 2018年~2026年
Gene Therapy for Rare Disease Market - Size, Share, Outlook, and Opportunity Analysis, 2018 - 2026
レポート概要
稀少疾患治療薬は、1983年に成立されたオーファンドラッグ法において1つ以上の適応症を承認された治療薬として定義されています。オーファンドラッグ法は稀少疾患の革新的な治療薬の開発を支援するもので、2017年および2018年に稀少疾患治療薬の承認件数は過去最大となりました。遺伝子治療の開発には、先進技術、高額の研究開発費、そして優れた科学者が必要であり、これが遺伝子治療のコストの高さにつながっています。

当レポートでは、世界の稀少疾患向け遺伝子治療市場を調査し、市場の概要、治療薬・適応症・地域別の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および阻害要因の分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなど、包括的な情報を提供しています。
発行日
2018/11/30
発行会社
Coherent Market Insights
ページ情報
英文 240 Pages 納期: 2-3営業日
商品コード
754980

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PPT Turned PDF (Single User License)
USD 4,500
PPT Turned PDF (Multi-user License)
USD 7,000
PPT Turned PDF (Enterprise User License)
USD 10,000

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社