製薬業界の最新ニュースと解説

偽造防止包装の世界市場 – 2023年までの予測:技術別 (RFID、バーコード、タガント、ホログラム、インク・透かしなど)・利用上の特徴別 (顕示的/不可視的機能)・エンドユース産業別 (衣料・アパレル、フットウェア)・地域別

タイトル 偽造防止包装の世界市場 - 2023年までの予測:技術別 (RFID、バーコード、タガント、ホログラム、インク・透かしなど)・利用上の特徴別 (顕示的/不可視的機能)・エンドユース産業別 (衣料・アパレル、フットウェア)・地域別
Anti-Counterfeit Packaging Market by Technology (RFID, Barcode, Hologram, Taggants), Usage Feature (Overt & Covert), End-Use Industry (Food & beverage, Healthcare, Electronics & automotive, Consumer durables), and Region - Global Forecast to 2023
発行日 2018/12/13
発行会社 MarketsandMarkets
ページ情報 英文 184 Pages
商品コード 147598

資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 PDF by E-mail (Single User License) USD 4,950
PDF by E-mail (5-user License) USD 6,650
PDF by E-mail (Corporate License) USD 8,150
概要 世界の偽造防止包装市場規模は、2018年に1059億米ドルとなり、その後11.5%のCAGR (複合年間成長率) で拡大し、2023年には1822億米ドルに達することが予測されています。この高い成長率が見込まれる要因として、各種メーカーがブランド保護のために偽造防止包装を採用する動きが活発化することが挙げられます。

当レポートは、世界の偽造防止包装市場について分析し、市場の基本構造や最新情勢、主な市場促進・阻害要因、市場動向の見通し (過去2年間・今後6年間分)、技術別・利用上の特徴別・エンドユース産業別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、主要企業のプロファイルなどを調査しております。
タイトル
偽造防止包装の世界市場 - 2023年までの予測:技術別 (RFID、バーコード、タガント、ホログラム、インク・透かしなど)・利用上の特徴別 (顕示的/不可視的機能)・エンドユース産業別 (衣料・アパレル、フットウェア)・地域別
Anti-Counterfeit Packaging Market by Technology (RFID, Barcode, Hologram, Taggants), Usage Feature (Overt & Covert), End-Use Industry (Food & beverage, Healthcare, Electronics & automotive, Consumer durables), and Region - Global Forecast to 2023
レポート概要
世界の偽造防止包装市場規模は、2018年に1059億米ドルとなり、その後11.5%のCAGR (複合年間成長率) で拡大し、2023年には1822億米ドルに達することが予測されています。この高い成長率が見込まれる要因として、各種メーカーがブランド保護のために偽造防止包装を採用する動きが活発化することが挙げられます。

当レポートは、世界の偽造防止包装市場について分析し、市場の基本構造や最新情勢、主な市場促進・阻害要因、市場動向の見通し (過去2年間・今後6年間分)、技術別・利用上の特徴別・エンドユース産業別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、主要企業のプロファイルなどを調査しております。
発行日
2018/12/13
発行会社
MarketsandMarkets
ページ情報
英文 184 Pages
商品コード
147598

レポート資料のリクエスト





販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
価格
PDF by E-mail (Single User License)
USD 4,950
PDF by E-mail (5-user License)
USD 6,650
PDF by E-mail (Corporate License)
USD 8,150

市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社