世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年11月17日

米検察当局 バリアント社とフィリドー社の元幹部2名を不正行為で訴追

米連邦検察当局はバリアント・ファーマシューティカルズ社元幹部のGary Tannerと専門薬局フィリドーRx社元CEOのAndy Davenportを訴追したと発表しました。
訴状によると、両容疑者は便宜供与の見返り絡む賄賂授受やマネーロンダリング(資金洗浄)などに関与した疑いがもたれています。

ロシュ社 乳がん治療薬Perjetaの割引提示で英NICEが一転承認勧告

ロシュ社は今年初めに英NICEが承認勧告を見送った乳がん治療薬Perjetaが、一転して承認勧告を受けたと発表しました。
NICEは今回承認勧告に至った理由の一つとしてロシュ社が同薬剤の価格割引を提示したためとしていますが、割引率については明らかにしていません。

アムジェン社/ノバルティス社 erenumabが偏頭痛発症日数を半減

アムジェン社とノバルティス社は抗CGRP受容体抗体erenumabの反復性偏頭痛患者に対する第3相試験で、偏頭痛発症日数が半減されたと発表しました。
この結果を受け両社は、来年erenumabの承認申請を行う見通しとなったことを明らかにしました。

サノフィ社/リジェネロン社 PCSK9阻害剤の心血管アウトカム試験を予定通り続行へ

サノフィ社/リジェネロン社はPCSK9阻害剤「プラルエント」の心血管アウトカム評価試験を予定通り実施するとしました。
独立データモニタリング委員会が2度目の中間解析結果の結果、同試験の続行を支持したためです。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!