一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年10月26日

GSK社Q3決算 ポンド安追い風で売上高23%増

GSK社がQ3決算を発表、ポンド安の追い風を受け、売上高が前年同期比23%増の75億ポンドとなり、アナリスト予想の73億ポンドを上回ったと報告しました。
また医薬品の売上高は前年同期比6%増の41億ポンド、このうちワクチンが20%増の16億ポンド、新製品が79%増の12億ポンドとなりました。

アストラゼネカ社 オラパリブが卵巣がんのPFSを有意に延長

アストラゼネカ社はプラチナ製剤による初回化学療法を受けたBRCA変異を有する進行卵巣がん患者に対するオラパリブ(Lynparza)の維持療法第3相試験において、プラセボとの比較で無増悪生存期間(PFS)が有意に延長したと発表しました。
また第2相試験で得たPFS中央値との比較でも、今回大幅な延長を見せたということです。

バイオジェン社Q3決算 主力製品好調で売上高6%増

バイオジェン社のQ3決算は主にTecfideraとTysabriの売上が好調で、全体の売上高は前年同期比6%増の30億ドルとなりました。
TecfideraとTysabriの売上はそれぞれ前年同期比10%増と7%増で、売上高はそれぞれ10億ドルと5億1,500万ドルに達しています。

バイエル社Q3決算 新製品好調で処方せん薬の売上高が7%超アップ

バイエル社のQ3決算は、新製品の好調な売上がけん引し、処方せん薬全体の売上高が前年同期比7.3%増の42億ユーロとなりました。
またAdempas、Eylea、Stivarga、Xarelto、Xofigoの売上合計は14億ユーロで、為替変動の影響を除く実質ベースでは前年同期比8%増となっています。

Kaleo社 アナフィラキシー時の補助治療剤の米国での販売を来年再開へ

Kaleo社はアナフィラキシー時の補助治療剤(自己注射)Auvi-Qについて、米国での販売を来年前半にも再開すると発表しました。
同社CEOのWilliamson氏によると、Auvi-Qの価格は今のところ未定ですが、患者の自己負担を最小限に抑えた価格にする予定であるということです。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!

関連記事

  1. 「新たな感染者の確認なし」と道発表 道内感染者162人 北海道

  2. 「アパホテル石垣島」で八重山の軽症者を受け入れ 新型コロナで沖縄県が1棟借り上げ

  3. BioMarin社の血友病A遺伝子治療患者のFVIII活性が心配なことに落ち続けている

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13