製薬業界の最新ニュースと解説

アルツハイマー病:パイプライン分析

GII

当レポートでは、アルツハイマー病の治療薬開発パイプラインの現況と最新アップデートによる各開発段階の比較分析、企業や研究機関によって開発中の治療薬、治療薬の評価、後期段階および中止されたプロジェクトに関する情報などを最新のニュースや発表も交えて提供しています。
 



タイトル アルツハイマー病:パイプライン分析
Alzheimer's Disease - Pipeline Review, H2 2020
発行日 2020年8月31日
発行会社 Global Markets Direct
ページ情報 ページ情報: 英文 1785 Pages
商品コード 232776

資料のリクエスト






販売代理店 グローバルインフォメーション

価格 USD 2,500 PDF (Single user license)
USD 5,000 PDF (Site license)
USD 7,500 PDF (Global license)

概要 当レポートでは、アルツハイマー病の治療薬開発パイプラインの現況と最新アップデートによる各開発段階の比較分析、企業や研究機関によって開発中の治療薬、治療薬の評価、後期段階および中止されたプロジェクトに関する情報などを最新のニュースや発表も交えて提供しています。

アルツハイマー病は、進行性で徐々に症状が悪化していく疾患で、神経が侵されることで記憶と行動に障害が起こります。 神経は、信号の伝送の原因となる神経伝達物質アセチルコリンの合成を行うため、破壊されると信号伝達が断絶されて最終的に記憶と行動機能に障害が出てきます。年齢、遺伝、循環器疾患、糖尿病、環境的要因など、様々な要因でアルツハイマー病発症のリスクが高まります。様々な合併症を引き起こすこともあり、治療せずに放置しておくと致命的になることもあります。




タイトル
アルツハイマー病:パイプライン分析
Alzheimer's Disease - Pipeline Review, H2 2020
レポート概要
当レポートでは、アルツハイマー病の治療薬開発パイプラインの現況と最新アップデートによる各開発段階の比較分析、企業や研究機関によって開発中の治療薬、治療薬の評価、後期段階および中止されたプロジェクトに関する情報などを最新のニュースや発表も交えて提供しています。

アルツハイマー病は、進行性で徐々に症状が悪化していく疾患で、神経が侵されることで記憶と行動に障害が起こります。 神経は、信号の伝送の原因となる神経伝達物質アセチルコリンの合成を行うため、破壊されると信号伝達が断絶されて最終的に記憶と行動機能に障害が出てきます。年齢、遺伝、循環器疾患、糖尿病、環境的要因など、様々な要因でアルツハイマー病発症のリスクが高まります。様々な合併症を引き起こすこともあり、治療せずに放置しておくと致命的になることもあります。



発行日
2020年8月31日
発行会社
Global Markets Direct
ページ情報
ページ情報: 英文 1785 Pages
商品コード
232776

レポート資料のリクエスト





市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社