製薬業界の最新ニュースと解説

てんかん: パイプライン分析

GII

当レポートでは、てんかんの治療薬開発パイプラインの現況と最新アップデートによる各開発段階の比較分析、企業や研究機関によって開発中の治療薬、治療薬の評価、後期段階および中止されたプロジェクトに関する情報などを最新のニュースや発表も交えて提供しています。
 



タイトル てんかん: パイプライン分析
Epilepsy - Pipeline Review, H2 2020
発行日 2020年8月31日
発行会社 Global Markets Direct
ページ情報 ページ情報: 英文 662 Pages
商品コード 232793

資料のリクエスト






販売代理店 グローバルインフォメーション

価格 USD 2,000 PDF (Single user license)
USD 4,000 PDF (Site license)
USD 6,000 PDF (Global license)

概要 当レポートでは、てんかんの治療薬開発パイプラインの現況と最新アップデートによる各開発段階の比較分析、企業や研究機関によって開発中の治療薬、治療薬の評価、後期段階および中止されたプロジェクトに関する情報などを最新のニュースや発表も交えて提供しています。

てんかんは、脳の神経細胞の集まりによって作られた異常信号が伝達されるというのが特徴である神経障害で、発作を引き起こします。この障害は、感覚が突然断絶したり、短い間に意識が無かったり、痙攣をおこしたりします。てんかんの主な原因には、出生時の低酸素、出産時あるいは青年期の事故による頭部の怪我、脳腫瘍、結節硬化症などといった脳損傷につながる遺伝子Disease、髄膜炎や脳炎などのような感染症、脳卒中やその他の脳障害などが挙げられます。 主な症侯は、繰り返し起きる発作や、脱力感、不安神経症、意識喪失、筋肉の収縮あるいは痙攣などが起こります。




タイトル
てんかん: パイプライン分析
Epilepsy - Pipeline Review, H2 2020
レポート概要
当レポートでは、てんかんの治療薬開発パイプラインの現況と最新アップデートによる各開発段階の比較分析、企業や研究機関によって開発中の治療薬、治療薬の評価、後期段階および中止されたプロジェクトに関する情報などを最新のニュースや発表も交えて提供しています。

てんかんは、脳の神経細胞の集まりによって作られた異常信号が伝達されるというのが特徴である神経障害で、発作を引き起こします。この障害は、感覚が突然断絶したり、短い間に意識が無かったり、痙攣をおこしたりします。てんかんの主な原因には、出生時の低酸素、出産時あるいは青年期の事故による頭部の怪我、脳腫瘍、結節硬化症などといった脳損傷につながる遺伝子Disease、髄膜炎や脳炎などのような感染症、脳卒中やその他の脳障害などが挙げられます。 主な症侯は、繰り返し起きる発作や、脱力感、不安神経症、意識喪失、筋肉の収縮あるいは痙攣などが起こります。



発行日
2020年8月31日
発行会社
Global Markets Direct
ページ情報
ページ情報: 英文 662 Pages
商品コード
232793

レポート資料のリクエスト





市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社