製薬業界の最新ニュースと解説

B細胞性慢性リンパ性白血病:パイプライン分析

GII

当レポートでは、世界各国でのB細胞性慢性リンパ性白血病(B-CLL)治療法のパイプライン製品の開発状況について分析し、パイプライン製品の最新動向や、治験の各段階にある製品の一覧、主要企業のプロファイル、主な薬剤の概要(製品概要、機能メカニズム、研究開発(R&D)の進展状況)、最新の業界動向などを調査して、その結果を概略以下の構成でお届けします。
 



タイトル B細胞性慢性リンパ性白血病:パイプライン分析
B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia - Pipeline Review, H2 2020
発行日 2020年8月31日
発行会社 Global Markets Direct
ページ情報 ページ情報: 英文 211 Pages
商品コード 253678

資料のリクエスト






販売代理店 グローバルインフォメーション

価格 USD 2,000 PDF (Single user license)
USD 4,000 PDF (Site license)
USD 6,000 PDF (Global license)

概要 当レポートでは、世界各国でのB細胞性慢性リンパ性白血病(B-CLL)治療法のパイプライン製品の開発状況について分析し、パイプライン製品の最新動向や、治験の各段階にある製品の一覧、主要企業のプロファイル、主な薬剤の概要(製品概要、機能メカニズム、研究開発(R&D)の進展状況)、最新の業界動向などを調査して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

B細胞性慢性リンパ性白血病は白血病の中で最も一般的な種類で、B細胞系のリンパ球に作用するものです。その病因は未だに不明ですが、血液細胞の増殖を制御する遺伝子に1~2箇所の損傷が生じた結果だと思われています。また、家族歴も発症リスクを押し上げる要因となっています。その進行は遅いため、多くの人はその兆候に気づかず、定期的な血液検査で初めて発見されることが多いです。治療薬は錠剤または点滴の形で投与されます。




タイトル
B細胞性慢性リンパ性白血病:パイプライン分析
B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia - Pipeline Review, H2 2020
レポート概要
当レポートでは、世界各国でのB細胞性慢性リンパ性白血病(B-CLL)治療法のパイプライン製品の開発状況について分析し、パイプライン製品の最新動向や、治験の各段階にある製品の一覧、主要企業のプロファイル、主な薬剤の概要(製品概要、機能メカニズム、研究開発(R&D)の進展状況)、最新の業界動向などを調査して、その結果を概略以下の構成でお届けします。

B細胞性慢性リンパ性白血病は白血病の中で最も一般的な種類で、B細胞系のリンパ球に作用するものです。その病因は未だに不明ですが、血液細胞の増殖を制御する遺伝子に1~2箇所の損傷が生じた結果だと思われています。また、家族歴も発症リスクを押し上げる要因となっています。その進行は遅いため、多くの人はその兆候に気づかず、定期的な血液検査で初めて発見されることが多いです。治療薬は錠剤または点滴の形で投与されます。



発行日
2020年8月31日
発行会社
Global Markets Direct
ページ情報
ページ情報: 英文 211 Pages
商品コード
253678

レポート資料のリクエスト





市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
グローバルインフォメーション株式会社