世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年10月20日

ロシュ社Q3決算発表 乳がん治療薬好調で処方せん薬売上2%アップ

ロシュ社のQ3決算は、乳がん治療薬のHerceptin、Perjeta、Kadcylaの需要に押し上げられ、処方せん薬の売上高が前年同期比2%増の97億スイスフランとなりました。
また売上合計は125億スイスフランで前年同期比4.5%増でしたが、アナリスト予想の126億スイスフランを下回る結果となりました。

FDA イーライリリー社の成人軟部肉腫治療の併用療法を迅速承認

FDAはイーライリリー社の成人軟部肉腫治療のためのLartruvoとdoxorubicinの併用療法を迅速承認しました。
軟部肉腫治療薬の初回治療薬としては実に40年ぶりの新療法の承認となりました。

アクテリオン社 好調なQ3決算発表、通年業績予想も引き上げ

アクテリオン社は肺動脈性肺高血圧症治療薬Opsumitの好調な売上が手伝って、Q3の売上合計が前年同期比18%増の6億600万スイスフランとなったことから、2016年通年業績予想を引き上げました。
好調なOpsumitのQ3の売上は前年同期比49%増の2億1,800万スイスフランでした。

Rigel社 血小板減少症治療薬の2回目の第3相試験は失敗

Rigel Pharmaceuticals社は成人の慢性免疫性血小板減少症治療薬fostamatinibの2回目の第3相試験で、主要評価項目を達成しなかったと発表しました。
本試験における反応率はそれぞれfostamatinib群18%、プラセボ群4%という結果で、統計的な有意差は示されませんでした。

欧州司法裁判所 ドイツの処方せん薬固定価格制度はEU法に違反

欧州司法裁判所はこのほど、ドイツにおける処方せん薬の固定価格制度は欧州連合(EU)法に違反するとの判断を示しました。
欧州司法裁判所は、同制度はドイツ国内企業には有利となるものの、ドイツの医薬品市場における外資系企業の競合を困難にする制度であると判断しました。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!