独メルク社 2020年までに現在開発中の製品から20億ユーロの売上目指す

独メルク社は投資家とアナリスト向けに開催したキャピタル・マーケット・デーにおいて、現在開発中の製品について、2020年までに約20億ユーロの売上を目指すと発表しました。
同社はまた、来年から毎年1件の新規承認獲得あるいは適応追加の承認獲得を目標とすることも発表しています。

出典:FirstWord Plus 

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!

関連記事

  1. よその創薬を助けてきたImmuneering社が自前抗癌剤の開発資金6200万ドル調達

  2. コレラ菌の毒素遺伝子活性化信号を分解してその感染を防ぐ腸内細菌が判明

  3. 患者組入れ前登録を守っていた無作為化試験は半分以下の42%~釈明も殆ど無し

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13