世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年10月13日

英裁判所 アラガン社によるファイザー社「リリカ」のジェネリック版は特許侵害していないと判断

英控訴院はファイザー社「リリカ」の特許をめぐる訴訟で、同薬のアラガン社(当時アクタビス社)による神経障害性疼痛を適応症とするジェネリック版は特許を侵害していないとする先の判決を支持する判断を下しました。
先の裁判で判事は、ファイザー社による訴訟という「根拠のない威嚇」を批判していました。ファイザー社は今回の判決後、控訴の意向を示しています。

独メルク社 2020年までに現在開発中の製品から20億ユーロの売上目指す

独メルク社は投資家とアナリスト向けに開催したキャピタル・マーケット・デーにおいて、現在開発中の製品について、2020年までに約20億ユーロの売上を目指すと発表しました。
同社はまた、来年から毎年1件の新規承認獲得あるいは適応追加の承認獲得を目標とすることも発表しています。

OncoGenex社 NSCLC治療薬の第3相試験で主要評価項目達成ならず

OncoGenex社は初回の治療で効果のなかった進行非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対するcustirsenの第3相試験において、主要評価項目を達成しなかったと発表しました。
全生存期間の中央値はcustirsen群が9ヶ月で、対照群の7.9ヶ月に比べあまり大きな改善が見られなかったということです。

リジェネロン社 Ocular社と戦略的提携締結、持効型「アイリーア」開発へ

リジェネロン社は眼科治療製品を開発・販売しているOcular Therapeutix社と戦略的提携を締結したと発表しました。
この契約のもと両社は、Ocular社の独自のハイドロゲル技術を用いて黄斑変性症治療のための持効型「アイリーア」を共同開発します。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

世界が注目の製薬業界ニュースは?? 「1分」でわかる今の製薬業界!

squre無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!