世界の製薬業界の最新ニュースと解説

【KOLインサイト】慢性リンパ性白血病:KOLは今後の治療動向をどうみる?

KOLは今後の慢性リンパ性白血病の治療動向をどのようにみているでしょうか?

FirstWord社から発行となった「KOLインサイト:リンパ性白血病」では欧米の12人のオピニオンリーダー(KOL)へ、現在の6つの治療薬、そして開発中の化合物7品目に関してインタビューを実施し詳細な情報を収集しました。本レポートでは以下のような質問にKOLらの意見、回答を求めております。

  • Gazyva’s/GazyvaroのRituxan/MabTheraに対する優位性結果の治療薬選択への影響は?
  • Imbruvicaの投与シェアを増やすための要素、認知度、利便性、忍容性への評価は?
  • どの開発品に注目をしていますか?今後慢性リンパ性白血病の治療が大きく変わると思いますか?
  • ブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤(BTK阻害剤)に対する期待は?

本調査は今後9ヶ月間で継続的に3回のアップデート調査をします。レポート価格にはこれらのアップデート版のレポートも含まれます。

今後18ヶ月の間で慢性リンパ性白血病の治療はVenclextaによってすべてが変わるであろう。BTK阻害剤がすべての患者のファーストライン治療薬として使われるであろう 米国KOL

発行会社: FirstWord
コンセプト: KOL Insight
ページ数: お問い合わせください。
発行日: 2016年9月
価格: $20,500
ライセンス: グローバルライセンス
フォーマット: PDF
レポートコード: 596200636
英文タイトル: Chronic Lymphocytic Leukaemia
サブスクリプション: ご相談下さい

 

*サブスクリプション、ライセンスに関しての詳細はお問い合わせください。

  • Venclexta (venetoclax, AbbVie/Roche)
  • Imbruvica (ibrutinib, AbbVie/Johnson & Johnson)
  • Acalabrutinib (Acerta Pharmaceuticals/AstraZeneca)
  • TGR-1202 (TG Therapeutics)
  • Plus 9 more 資料をご参照下さい>>>
  • Michael J. Keating. Professor of Medicine and Internist, University of Texas MD Anderson Cancer Center, TX.
  • Daniel Catovsky. Emeritus Professor and Fellow, Institute of Cancer Research, London, UK.
  • Emili Montserrat. Professor of Medicine and Director of the Institute of Haematology and Oncology, Hospital Clinic of Barcelona, Spain.
  • Anthony R. Mato. Assistant Professor of Medicine, Hospital of the University of Pennsylvania, PA.
  • Plus 8 more 資料をご参照下さい>>>