世界の製薬業界の最新ニュースと解説

【KOLインサイト】2型糖尿病:GLP-1受容体作動薬の投与機会増大とその課題

GLP-1は3rdライン治療から抜け出せることができるのか?

米国臨床内分泌学会(AACE)によると、GLP-1受容体作動薬の中で2型糖尿病治療薬の中でトップランクの評価を受けている化合物もある。KOLへのインタビュー調査によると、医師はGLP-1を現在より早い治療ラインで活用したいと思っているものの、糖尿病治療の複雑な治療アルゴリズムによりそのことを阻害する要素もあることを明らかにしてます。

このFirstWord社から発行となった「KOLインサイト:2型糖尿病」では欧米の12人のオピニオンリーダー(KOL)へ、現在の18の治療薬、そして開発中の化合物5品目に関してインタビューを実施し詳細な情報を収集しました。本レポートでは以下のような質問を含めKOLらにインタビューを実施しております。

  • より早い段階でのGLP-1の利用は促進されるべきか?
  • SGLT2阻害薬は2ndライン治療薬としてより幅広く利用されるのか?
  • FDCや長時間作用型治療薬のコンプライアンス向上への影響は?
  • インスリンのバイオシミラーの治療と価格への影響は?

本調査は今後9ヶ月間で継続的に3回のアップデート調査をします。レポート価格にはこれらのアップデート版のレポートも含まれます。

私は、現在の2型糖尿病治療薬の中ではGLP-1が最も効果が高い治療薬であると申し上げたい。LEADER試験での主要な心血管イベントの発生リスクを低下するという安全性のデータもある。体重減少の効果は有効的で、 肥満の患者に対しては特に投与する機会が多くなっております。米国KOL

発行会社: FirstWord
コンセプト: KOL Insight
ページ数: お問い合わせください。
発行日: 2016年9月
価格: $20,500
ライセンス: グローバルライセンス
フォーマット: PDF
レポートコード: 596200641
英文タイトル: Type 2 Diabetes Mellitus: KOL Insight (2016)
サブスクリプション: ご相談下さい

 

*サブスクリプション、ライセンスに関しての詳細はお問い合わせください。

  • Trulicity (dulaglutide; Eli Lilly)
  • IDegLira/Xultophy (liraglutide (Victoza) and insulin degludec (Tresiba); Novo Nordisk)
  • Glyxambi (empagliflozin/ linagliptin; Boehringer Ingelheim/Eli Lilly)
  • Jardiance (empagliflozin; Boehringer Ingelheim/Eli Lilly)
  • Tresiba (insulin degludec; Novo Nordisk)
  • Plus 18 more 資料をご参照下さい
  • Dr. Silvio Inzucchi MD. Professor of Medicine, Yale University School of Medicine, New Haven, USA.
  • Jay S. Skyler, MD, MACP. Professor of Medicine, Paediatrics and Psychology and Deputy Director, Clinical Research and Academic Programmes, Diabetes Research Institute, University of Miami Miller School of Medicine.
  • Bernard Charbonnel, MD. Professor of Endocrinology and Metabolic Diseases, University of Nantes, France.
  • Professor Antonio Ceriello, MD. Head of the Research Department on Diabetes and CVD, Institut d’Investigacions Biomèdiques August Pi i Sunyer (IDIBAPS), Barcelona, Spain.
  • Plus 8 more 資料をご参照下さい>>>