製薬業界の最新ニュースと解説

Seattle Genetics社のHIF-1阻害剤がマウスのループス腎炎を抑制

【BioToday 2020/4/10】 マウス実験によるとHIF-1発現T細胞が全身性エリテマトーデス(SLE)に伴う腎損傷に寄与しており、抗癌剤として臨床試験段階に進んでいるSeattle Genetics社のHIF-1阻害剤PX-478はT細胞の腎臓侵入を食い止めて腎臓の低酸素や損傷を減らしました。 3段落, 209文字

もう海外の製薬関連ニュースサイトを毎日使う必要はありません

  • 世界の製薬業界トップニュース
  • 最新の承認・申請状況
  • 学会・発表情報
  • アライアンス・M&A情報
  • 治験の進捗と結果
  • 当局の発表・指定情報
  • 最新の研究発表

コメントを残す