製薬業界の最新ニュースと解説

手術を受けた無症状のCOVID-19潜伏感染患者全員が手術後に肺炎発現

【BioToday 2020/04/07】 中国の武漢の4病院で帝王切開・腹腔鏡下結腸切除・胸腔鏡下肺葉切等の待機手術を受けた無症状の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)潜伏感染患者34人全員が術後すぐにCOVID-19肺炎を発現し、約半数の15人(44%)が臓器不全進展や人工呼吸必要により集中治療室(ICU)に入り、5人に1人(7人;21%)が死亡しました。 2段落, 201文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す