製薬業界の最新ニュースと解説

線条体のドパミン濃度上昇は神経活性化を高めるのではなくより長続きさせる

【BioToday 2020/4/8】 ドパミンに結合する磁気タンパク質分子とそのタンパク質からの信号を読み取るMRIを使ってラット脳を観察したところ、欲求を煽る視床下部外側電気刺激に応じて線条体に放出されたドパミンの濃度が高いことは意外にも神経を一層活性化するのではなく神経をより長く活性化させました。 3段落, 224文字

もう海外の製薬関連ニュースサイトを毎日使う必要はありません

  • 世界の製薬業界トップニュース
  • 最新の承認・申請状況
  • 学会・発表情報
  • アライアンス・M&A情報
  • 治験の進捗と結果
  • 当局の発表・指定情報
  • 最新の研究発表

コメントを残す