製薬業界の最新ニュースと解説

【英文報告書】喘息(成人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析

タイトル 【英文報告書】喘息(成人)|治療アルゴリズム:クレームデータ分析
Current Treatment: Asthma
発行日 2019年04月
発行会社 Decision Resources Group
ページ情報 英文 PPT
商品コード

レポート資料のリクエスト





販売代理店 グローバルインフォメーション株式会社
価格 グローバルライセンス お問い合わせください
 
 
概要 ディシジョンリソース(DRG)が、米国における成人喘息の治療の実態をリアルワールドデータを活用して現状の治療実態を詳細に分析した治療実態レポートが発行となりました。過去数年間に、成人の喘息治療薬市場では初のLABA/ICS配合剤ブランドジェネリック(テバのAirDuoとそのジェネリック)、初のLAMA(ベーリンガーインゲルハイムのスピリーバ)、新たな生物学的製剤(GSKのヌーカラ、テバのCinqair)などが承認され、当市場における競争が激化しつつあります。

成人喘息の薬物療法の主な目標は、原因となる気道の炎症への対応、及び気管支拡張の促進の2つです。目標達成のために長期管理薬(GSKのアドエア、アストラゼネカのシムビコートなどのLABA/ICS配合剤)及び発作治療薬(アルブテロールなどのSABA)と呼ばれる2種類の治療が用いられ、成人喘息患者の大半は2剤以上を併用しています。

長期管理及び発作治療のいずれにおいても定着した薬剤がいくつか存在しているものの、過去数年間に、成人の喘息治療薬市場では初のLABA/ICS配合剤ブランドジェネリック(テバのAirDuoとそのジェネリック)、初のLAMA(ベーリンガーインゲルハイムのスピリーバ)、新たな生物学的製剤(GSKのヌーカラ、テバのCinqair)などが承認されました。

これらの薬剤が使用可能になったことで、医師の治療選択肢が増え、当市場における競争が激化しつつあります。

キーポイント
◾️ 新規に診断された成人喘息患者における主な療法とブランド薬の治療ライン別患者シェアは?最近受診した既存患者、新規診断患者における四半期毎の処方トレンドは?
◾️ スピリーバ、ヌーカラ、Cinqairなどの新規の喘息治療薬はどのように治療アルゴリズムに組み込まれているか?どのタイプの医療施設で使用されているか?
◾️ 診断から治療開始までの期間、及び1年以内に治療を開始する成人喘息患者の割合は?診断後1年以内に治療薬を変更する(次の治療ラインに移る)患者の割合は?
◾️ 単剤療法、併用療法を受けている患者の割合はそれぞれ何%か?最も多く使用されている併用療法は?
目次 お問い合わせください。

日本における正規販売代理店
グローバルインフォメーション株式会社
市場調査レポートならGII
世界で発行されている市場調査レポートをすべて取り扱いします。
www.gii.co.jp