製薬業界の最新ニュースと解説

人工血管の狭窄が幸いにも自然解消しうると判明~設計変更で狭窄の軽減も可能

【BioToday 2020/04/04】 骨髄由来細胞を植え付けたポリマーで作った人工血管(TEVG;tissue-engineered vascular graft)の小児患者への移植後6か月以内に狭窄が生じたことを受けてコンピューター解析したところそのような狭窄は一過性でやがて自然に解消すると予測され、羊で試したところ移植した人工血管の狭窄が確かに1年以内に解消しました。 2段落, 210文字

全文購読は有料会員登録が必要です。会員の方はこちら

コメントを残す