人工血管の狭窄が幸いにも自然解消しうると判明~設計変更で狭窄の軽減も可能

【BioToday 4月4日】 骨髄由来細胞を植え付けたポリマーで作った人工血管(TEVG;tissue-engineered vascular graft)の小児患者への移植後6か月以内に狭窄が生じたことを受けてコンピューター解析したところそのような狭窄は一過性でやがて自然に解消すると予測され、羊で試したところ移植した人工血管の狭窄が確かに1年以内に解消しました。 2段落, 210文字

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

  1. ルセンティスの眼内レンズで滲出型加齢黄斑変性の治療が年2回に?…

    2021.10.25

  2. ズラノロン、まず大うつ病対象で2022年初頭FDA承認申請へ

    2021.10.20

  3. 2021年10月27日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2021.10.19

  4. バイオジェン、ALS治療薬のピボタル試験失敗も、早期患者アクセス拡…

    2021.10.19

  5. FDA、UCBのビメキズマブ承認審査延期。コロナによる渡航制限で

    2021.10.18

  6. 新型コロナ治療候補薬アビプタジルの生存率データ発表でNRx社の株価…

    2021.10.15

  7. FDA、子宮頸がんのファーストラインにキイトルーダ併用投与をFDA承認

    2021.10.15

  8. 武田、希少神経代謝性疾患むけ細胞療法開発でImmusoft社と提携

    2021.10.14

  9. ロシュ、てんかんの遺伝子治療でCombiGeneと開発契約提携

    2021.10.13

  10. アルツハイマー治療薬「ガンテネルマブ」がFDAから画期的治療薬に指定

    2021.10.11

  1. 高齢者のアジテーションに抗うつ薬ミルタザピン無効~むしろ有害か…

    2021.10.25

  2. 大麻を吸って間もない人を即座に同定するスマートフォン利用唾液検…

    2021.10.25

  3. ルセンティスの眼内レンズで滲出型加齢黄斑変性の治療が年2回に?…

    2021.10.25

  4. 男性胎児には新型コロナウイルスへの抗体が届きにくい

    2021.10.25

  5. 老人ホーム入居者の転倒や骨折が乳製品をより摂ることで減る

    2021.10.25

  6. 新たなパターンを見つけるAIの一種・機械学習頼りの診断/予後予想の…

    2021.10.25

  7. 急な尿閉とその後に癌が見つかりやすいことが関連

    2021.10.25

  8. 脂肪肝の線維化の進行や治療効果を判定しうる尿検査を開発

    2021.10.25

  9. マウスの脊椎関節炎にマクロファージ遊走阻止因子(MIF)阻害剤が有効

    2021.10.25

  10. ImCheck社のVγ9Vδ2 T細胞活性化剤Ph1試験で抗腫瘍免疫増幅効果が示…

    2021.10.25