新規モダリティ 事業化に立ちはだかる「製造の壁」

AnswersNewsは、「製薬業界で話題のニュースがよくわかる」をコンセプトに、製薬業界に関するさまざまなニュースをわかりやすく解説するニュースメディアです。

細胞治療などの事業化をめぐって、商業生産体制の確立がハードルとなるケースが相次いでいます。サンバイオは、製造委託先への技術移転が遅れ、再生細胞薬の国内申請を延期。第一三共も腫瘍溶解性ウイルスの申請が遅れています。製造が難しい細胞医薬などを、いかにして商業規模で安定的に製造していくか、大きな課題となっています。

INDEX

  1. サンバイオ 申請延期の3つの理由
  2. 第一三共も申請先送り

サンバイオ 申請延期の3つの理由

「ギリギリまで承認申請を目指してやってきたが、安定供給に向けた体制強化が必要と考え、時間をかけて準備を進めるべきだと判断した」

サンバイオの森敬太社長は3月18日の決算説明会で、開発中の再生細胞薬「SB623」の国内申請を1年先送りしたことについてこう語りました。同社は昨年12月、外傷性脳損傷を対象とするSB623の国内申請予定を、従来の「2020年1月期中」から「21年1月期中」へと延期すると発表。商業生産体制の構築が遅れていることが原因で、18日の説明会では森社長がその詳細を説明しました。

SB623は、健康成人の骨髄液から取り出した間葉系幹細胞を加工・培養した他家細胞医薬品。脳内の損傷部位周辺に注射すると、神経細胞の再生を促し、失われた機能を回復させるとされています。18年11月には、慢性期外傷性脳損傷を対象に行った国内臨床第2相(P2)試験で、対照群に比べて統計学的に有意に運動機能を改善し、主要評価項目を達成したと発表。翌19年4月には国の「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定され、早期承認への期待が高まっていました。

製造委託先への技術移転に遅れ

18日の説明会で森社長が申請先送りの理由として挙げたのは、▽新たな製造委託先への技術移転の遅れ▽商業生産に必要な管理体制の構築▽規格試験の要件不足――の3点。

製造委託先である日立化成への技術移転については「量産化技術は確立している」(森社長)ものの、技術移転のプロセスに課題があり、「過去の(治験薬の)製造委託先のレベルまで習熟度が達していない」(同)。「原材料管理」「品質保証」「分析体制」といった管理体制の構築も含め、「初めての商業生産ということで追加的な対応が必要なところがある」(同)といい、社長直轄のプロジェクトとして商業生産体制の確立を進めていると説明。森社長は「これまでも2度、異なるCMOへの技術移転を成功させており、今回も時間をかけることでできると考えている」と強調しましたが、具体的な申請時期については明らかにしませんでした。

第一三共も申請先送り

細胞や遺伝子、ウイルスなどを使った新しいタイプの医薬品をめぐっては、商業生産の確立が事業化のハードルとなるケースが少なくありません。

第一三共は昨年10月の決算説明会で、19年度上半期を予定していた腫瘍溶解性ウイルス「DS-1647(G47Δ)」の申請が遅れていることを明らかにしました。説明会の席上、同社は「製造面で検討を要することがある」とし、製造委託先であるデンカ生研の商業生産体制に課題があることを示唆。昨年10月の時点では19年度下半期の申請を目指すとしていましたが、年度末も迫った今になっても申請したとの発表はなされていません。

細胞医薬や遺伝子治療薬は、化学合成でつくる低分子医薬品と違って製造が難しく、商業規模で高品質な製品を安定的に製造できるかどうかが大きな課題となっています。

生産能力が買収の決め手に

「これまでにも遺伝子治療薬の研究開発をやってきたが、最も難しかったのが製造法の確立。買収によって、克服し難かったチャレンジとのギャップを埋めることができる」。今年1月、遺伝子治療薬手掛ける米オーデンテス・セラピューティクスを買収したアステラス製薬の岡村直樹副社長は、オーデンテスが商業生産に対応できる大規模な製造能力を持っていることが買収の大きな決め手になったと話します。

一方、こうした状況を商機と見ているのが、CMO(医薬品受託製造機関)やCDMO(医薬品受託製造開発機関)です。

AGCは3月17日、遺伝子治療や細胞治療の研究・開発・製造を行うイタリアのモレキュラー・メディシンを約283億円で買収すると発表しました。AGCはCDMO事業の幅を遺伝子治療や細胞治療に広げることでライフサイエンス事業を強化。富士フイルムもCDMO事業を手掛ける欧米の子会社に積極的に設備投資し、遺伝子治療薬や細胞治療の製造受託の拡大を目指しています。

(AnswersNews 前田雄樹)

出典: 新規モダリティ 事業化に立ちはだかる「製造の壁」┃AnswersNews
発行元:AnswersNews
発行日:2020年3月25日

この記事は、AnswersNewsが発行した以下のオリジナル記事を承諾を得て掲載しております。

関連記事

  1. 関節リウマチ治療薬のベンチマーク調査結果:競争優位を導く要素は?┃FirstWord【サーベイ】

  2. 放射線やPD-L1阻害の抗腫瘍効果をRET阻害剤で増強しうる

  3. 田辺三菱製薬の新ALS承認薬Radicavaの価格戦略のリスク? 待望のALS治療薬も予測を上回る高価な治療費の影響は?

  4. 【デジタルメディスン】急接近する医薬品と医療機器|DRG海外レポート]

  5. 残存腫瘍量により乳がん全タイプで転帰予測が可能|サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)

  6. 米最高裁 180日のバイオ後続品排他権に対するノバルティス社の不服申し立てを審理へ

メルマガ無料配信中




  1. イギリス、他4カ国が新型コロナウイルスの変異種に対するワクチンの…

    2021.03.05

  2. 進行腎癌のOpdivo+Cabometyx初治療がSutentに勝ったPh3試験論文報告

    2021.03.05

  3. terlipressinで肝硬変患者の腎機能は改善したが酷い害が多かったPh3…

    2021.03.05

  4. AmgenがFive Prime社を19億ドルで買う~Ph3に進む胃がん治療薬を取得

    2021.03.05

  5. Galapagos社のJAK阻害剤の米国FDA懸念を解くための試験が途中解析を…

    2021.03.05

  6. 2型糖尿病Ph3でLillyのGIP/GLP1受容体活性化剤がNovoのGLP1薬Ozempi…

    2021.03.05

  7. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  8. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  9. 新型コロナウイルススパイク蛋白質受容体結合領域は血液型A抗原によ…

    2021.03.04

  10. Iktos社の人工知能技術がPfizerの低分子薬設計を手伝う

    2021.03.04

  1. 2021年3月24日(水)開催 無料オンラインセミナー:KOL選定を定量…

    2021.03.04

  2. KOL(Key Opinion Leader)はどう選ぶ?KOLの判断基準&要素の出し方…

    2021.03.04

  3. 開発初期段階における開発品の価値を最大化し、正しい戦略的意思決…

    2021.03.02

  4. 予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポートフォリオ:コロナ禍…

    2021.03.02

  5. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24