製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年9月22日

Insights4 Pharmaが提携をしているFirstWord社が提供するNews Round-Up Videoを翻訳しております。
Youtubeでは、毎日のニュースをFirstWord社のアナリストが直接配信、毎日の製薬トップニュースの把握と製薬業界の時事英語の学習にご活用下さい。

マイラン社CEO 下院公聴会で「エピペン」の価格吊り上げ疑惑を釈明

マイラン社CEOのBresch氏は9月21日の米下院監視・政府改革委員会の公聴会で、「エピペン」の価格吊り上げ疑惑について釈明しました。
Bresch氏は「エピペンの価格は600ドルであるが、リベートや手数料、さらに経費などを差し引くと、我が社の儲けは約50ドルにすぎない」と釈明。これに対し同委員会会長は「いささか信じがたい」とコメントしました。

ギリアド社 潰瘍性大腸炎治療薬の第2/3相試験中止

ギリアド社は中等度から重度の急性潰瘍性大腸炎患者に対して実施していた抗MMP9抗体GS-5754の第2/3相試験の中止を発表しました。
理由は同薬剤による治療ベネフィットが不十分であったためということです。

英NICE アレクシオン社の低ホスファターゼ治療薬のNHS下での使用を推奨

英NICEはアレクシオン社のStrensiqについて、周産期・乳児期・若年期発症の低ホスファターゼ治療薬として国民保健サービス(NHS)下での使用を推奨すると発表しました。
NICEは、同薬剤の上限価格の設定を提案するアレクシオン社に対して、割引を求めています。

ザッカーバーグ夫妻 病気撲滅目指し医療分野の研究に30億ドル超を投資へ

フェイスブック社のマーク・ザッカーバーグCEOと妻のプリシラ・チャン夫人は、病気の撲滅を目指し医療分野の研究に今後10年間で30億ドル以上を投資すると発表しました。
ザッカーバーグ氏は「治すことが困難な病気を治せるものにしていきたい。世界中の研究者をバックアップすることでこれが達成できるかもしれない」と述べました。

海外製薬ニュースのちょうどよい情報ソースがほしい方に

無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。logo

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!