AstraZenecaがSilence社に8000万ドルを払って臓器特異的RNA干渉薬に取り組む

【BioToday 3月26日】 AstraZeneca(アストラゼネカ)がSilence Therapeutics社に8000万ドルを払い、目当ての臓器の標的遺伝子に限って阻害するRNA干渉薬による心血管・腎臓・代謝・呼吸器疾患治療の開発に取り組みます。 4段落, 339文字

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

関連記事

  1. コロナウイルス(COVID-19)ワクチンとがん

  2. 急性骨髄性白血病患者のIFNγ活性が高いことと抗癌免疫薬がよく効くことが関連

  3. 腫瘍起源細胞外小胞のMMP14を頼りに癌を詳らかにするマイクロ流体装置を開発

ログイン

無料メルマガ登録
  1. 耳の音波頼りのMindMics社の不整脈監視装置が心電図以上に優秀

    2021.08.04

  2. Novartisの脊髄性筋萎縮症(SMA)遺伝子治療脊髄投与のPh3試験が始…

    2021.08.04

  3. Marinus社がCDKL5欠損関連てんかん薬ganaxoloneを米国FDAに承認申請…

    2021.08.04

  4. PPARδ活性化剤の原発性胆汁性胆管炎Ph3試験資金1億ドルをCymaBay社…

    2021.08.04

  5. 脂質キナーゼPIKfyve遮断によるオートファジー阻害で抗腫瘍免疫を底…

    2021.08.04

  6. SanofiがmRNAワクチン開発提携会社Translate Bio社をおよそ32億ドル…

    2021.08.04

  7. 末梢性T細胞リンパ腫患者への米国でのイストダックス用途をBMSが取…

    2021.08.04

  8. psenがExicureと組んでハンチントン病やアンジェルマン症候群の治療…

    2021.08.04

  9. AbbVieの抗タウ抗体のアルツハイマー病Ph2失敗~抗Aβ抗体の試験を近…

    2021.08.03

  10. Ardelyx社の腎疾患患者血清リン抑制剤tenapanorを米国FDAが承認せず

    2021.08.03

  1. BMS社、ソラフェニブ治療後の肝細胞癌患者への単剤オプジーボの適応…

    2021.07.26

  2. ファイザー社の新型コロナワクチンの投与間隔を長くすると中和抗体…

    2021.07.26

  3. Incyte社の進行性肛門癌に対するレティファンリマブをFDAが承認せず

    2021.07.25

  4. 【免疫チェックポイント阻害薬】術前・術後補助療法で開発が加速…非…

    2021.07.21

  5. 主要製薬12社 海外売上高比率は2ポイント増の62%に…中外、協和キリ…

    2021.07.20