製薬業界の最新ニュースと解説

疼痛治療薬ファシヌマブの開発で最大36億ドルの提携締結。テバ社が抗NGF抗体事業へ参画

BN OG197 0531te P 20160531080500

テバ社とリジェネロン社は疼痛治療のための抗NGF抗体ファシヌマブの開発において、最大26億ドルのディールを締結したと発表しました。

このディールでテバ社は、一時金として2億5,000万ドルをリジェネロン社に支払い、また開発・薬事マイルストンとして4億6,000万ドルを支払うことで合意しています。

海外製薬ニュースのちょうどよい情報ソースがほしい方に

無料メルマガ「一分でわかる世界の製薬ニュース」を毎日お届けします。logo

✔️ 世界で、今日はなにが話題になっているのか?
✔️ 時間のかかっていた海外ニュースを効果的に
✔️ Youtubeを使って製薬時事英語も学習できる
✔️ 日本語で読めるこの安心感
✔️ 情報ソースがありすぎて困っている方に

このようなニーズに「一分でわかる世界の製薬ニュース」をどうぞ!